LINEで送る
Pocket

銀座にある茨城県の食材を買ったり食べたりできる「茨城マルシェ」にお招き頂き、スイーツの試食会に参加して参りました。

なんだかんだ10種以上の食材を頂いたと思うのですが、とりわけイチゴパフェがフォトジェニック過ぎたしとても美味しかったのでこれだけ先行ご報告をする次第です。

銀座一丁目方面に立ち寄って美味しいデザート食べたい!と思ったら、期間限定のこの商品があるかどうか、茨城マルシェによってみたらいいと思いますよ。いや、マジで。

いばらキッス

見目麗しいいちごパフェです。中のいちごのサイズからパフェの高さを見て頂ければかなりボリューミーなのはおわかり頂けるのではないでしょうか。こちらが1,274円。茨城マルシェに行ったらぜひぜひイートインで頼んでみてくださいよ。

僕があと20歳若くてきゃわいい彼女と銀座デートをしていたら間違いなくスプーン二つ頼んで二人で食べてます。

この年になると実は恥ずかしげもなく一人でパフェ頼めたりしますけどね。むしろ気にするのはカロリーとか糖質とかそっちの方なので、おそらく昼飯抜きで食べるでしょう。

そんなことはどうでもいいんです。イチゴパフェ、とっても美味しかった。

主役はいちご「いばらキッス」

そりゃあパフェの主役ですけれど、いちごが美味しいのなんのって。
サクッ と シャクッ の間の歯触りで、しっかりとした甘みと適度な酸味のバランスがよく、パフェのほかの構成要素・ホイップやバニラアイス、イチゴアイスなどとの相性が抜群でした。

このイチゴが茨城県産の「いばらキッス」というイチゴらしいでs。

「おまえ出身どこだ?」

「茨城っす!」

の「っす」じゃなくて、いばらき + Kiss なんだと思いますよ。なんたってデザートで食べるものですもん。

いばらキッスの詳細は以下をご覧ください。
いばらキッス:茨城県オリジナル品種 – 茨城県農業総合センター

6層のパフェ

このイチゴパフェは、下から

・いちごソース
・ミルクプリン
・イチゴプリン&バナナ
・いばらキッス
・ホイップ
・イチゴアイス&バニラアイス

の6層で構成されています。アイスやホイップはしつこすぎず、いばらキッスの甘さ・酸味を十分に生かした味付けになっていますね。どんなに良いいちごでも、周囲のスイーツが甘すぎると持ち味が生かせませんからね。

すべてはいばらキッスの歯触りと甘み・酸味を生かすため、バランスの良いイチゴパフェになっているなあと思いました。

▼自転車置き場を前に何を考える、イチゴパフェ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。