LINEで送る
Pocket

iPadでブログを書く環境を作っている真っ最中です。メインとなるブログエディタはこの記事で書いた通りMWebで十分なことがわかったのですが、次に気になるのは画像です。

難しい編集、少しでも綺麗にするための画像編集ではなくって、説明書を作る的な、文字と矢印、吹き出し程度を突っ込めればいいよ、という編集であれば、定番の「Skitch」もありますが、標準の写真アプリでも十分だよ、というのをご紹介します。

難しいアプリはいらなかった

僕も昔はSkitchみたいなアプリを使っていたものなんですけれどね。WindowsやAndroidで使えなくなってから離れていたんです。久しぶりにiPadを使うようになって、しばらくはその存在も忘れていたりして、ほかのやり方を模索していたのです。

写真アプリがあれば、それで十分なんですよね。
もちろんSkitchが好きな人はそれを使えばいいっす。

簡単な操作方法

写真アプリで画像を選択すると右上に「編集」というメニューが出てきます。これをタッチしてスタート。

右下から「マークアップ」を選んで…

さらに右下のプラス記号から、簡単な図形やテキストの挿入ができるようになります。

テキストはフォントが3種類、文字サイズはスライダーで調整可能。中寄せ、左寄せなど配列も調整可能です。

矢印は中程の緑の点をつまむと曲線の矢印にもなります。

手書きのペンは3つのタッチから選べます。

編集した画像を無編集の状態に戻したければ、右上のメニューから可能です。

機能はSkitchの方が上。手書きの活用と手軽さは写真アプリが上

モザイク処理ができたりスタンプを押せたりすることもあり、編集機能はSkitchの方が上です。iPadを使っているならSkitchはそのまま使えるので、無理して写真アプリから起動する、ということはしなくても良いでしょう。

しかし、写真アプリからちょっと編集したい、手軽に使いたいというのであれば、わざわざ別アプリを起動することもありません。オフィスドキュメントで少しでも見栄えの良い矢印をと考えるならSkitchが良いでしょう。ちょっと写真に矢印をつけて友達とのダイレクトメールに添付する、ということであれば写真アプリからの作業のほうが手軽と思います。

一方、手書きに関しては写真アプリの方が上と思います。Apple Pencilを使って滑らかで圧力を意識した書き味が生かせるのは写真アプリの方です。
手書き「メモ」をシェアするのは写真アプリがいいですね。

用途に応じて使い分けると良いでしょう。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。