LINEで送る
Pocket

みんな、行きたい飲食店があったときに、どのくらいの距離なら行こうかなって思いますか?今の20代や30代前半の人は全然わからないだろう「バブル」の時代には、男の人が女の人に「札幌ラーメン食べに行かない?」って誘って、女性がいいよっていうと羽田空港から札幌へフライトした、なんて本当だか冗談だかわからない話があったんだけれど。さすがにそんなのは今はないっすよね。

この度どうしても行きたかった店があって、行きたかったついでにライティングのお仕事でお世話になっているところに連絡して取材の形にし、行ってまいりました。

新潟・上越は妙高のとん汁専門店「たちばな」さんと、同じく新潟・栃尾の「佐藤豆腐店」です。

料理の真似までしてあこがれたとん汁ラーメン

玉ねぎ100キロから溢れる甘み!体に染みる新潟の新ソウルフード「とん汁ラーメン」に感動を隠せない | Rettyグルメニュース

ネットで調べて、

  • どうやら豚バラ肉と豆腐と玉ねぎと味噌と塩しか食材としてつかっていないこと
  • 玉ねぎからでる水分が汁の大部分を占めること。なのでとっても甘みが出ていること
  • ということは大量の玉ねぎを使っていること

というのを知り、家で何度も作ってみていたんですよね。で、これか。この味か。これなのか。と。自分なりにうまくできたときもあるのですが、果たしてこれが本場の味に近いものなのかさっぱりわからんちん。
だもんで、これはぜひいっておかねばならない食べ物屋さんだとおもっていたんです。

これまでの常識を覆された揚げたての「あぶらげ」

今まで俺は何を食べてきた!?本場で「栃尾の油揚げ」を食べ、ぶん殴られたような衝撃を受けた | Rettyグルメニュース

「栃尾の油揚げ、揚げたてを食べたらびっくりする」
って誰に聞いたんだっけかな。なにかの飲みの席で聞いたのかもしれない。正直油揚げなんてどこで食べても一緒でしょ、って思っていたけれど、揚げたては別格なんだそうな。

で、ネットですんごい美味しいって話を聞いたらこれもまた行かずにはいられない。油揚げの揚げたて、食べてみたい!と思ったわけです。

新潟舐めてた

上越いって栃尾に行けばいいや。バイクでいけばなんかふわーんと行けるでしょ。

そう思ってました。正直、新潟舐めてました。上越から栃尾まで大した距離じゃないと思ってましたが、新潟はなんといっても東西に長い。以前お世話になった燕市に立ち寄ってから栃尾に行こうと思って勘定してみたら…

東京から妙高までがおよそ280キロくらい
妙高から燕市までがなんだかんだ100キロくらい
燕市から栃尾までが50キロくらい
栃尾から東京までが250キロくらい

と、最終的に700キロくらいの旅になっていたようです。まあロングツーリングは楽しかったし、寄り道もちょこちょこしたけれど。

妙高の駅で面白い商店街を見つけたし。
面白い商店街にあったラーメン屋の味噌ラーメンは地域ラーメンだったし。
上杉謙信の居城だった春日山城に上ることができたし。
燕市ではアツアツのラーメンの秘密を知ることができたし。

いい旅ができたと思います。

旅に仕事を組み込んでみた

ツーリングで行きたかった場所をうまく執筆対象にした、という形で、今回は旅を仕事に半ば無理やりしてしまいました。まあ交通費とかは自分持ちですけれどね。いいんです。それを書く媒体を自分で交渉して書けたんですから。

大部分はツーリングによる旅行。少しだけグルメサイトの執筆。そんな形のちょい仕事も楽しいひと時でした。旅行で行ったら食べて帰るだけだっただろうけれど、取材させていただけたので店主の方とも濃いお話をできました。

僕は東京生まれ東京育ち。地域のことを書くには外部から訪れた者として書くことしかできないわけだけれど、こうやって訪れた町のことを少しでも書き続けていければいいなあ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。