LINEで送る
Pocket

イベントの主催などをするようになって数十回になります。主催・共催・手伝い、いろいろですけれどね。
その中で僕が場所のコントロールができるものについては、基本的にコワーキングスペースを使うことが多いです。自分がどういった点で気に入っているかをご紹介したいと思います。

前提としていますのは
・参加者がブロガー、SNS利用者など、パソコンやスマホを使うことが多い
・30人程度の参加者数
・スタッフはそれほど大人数にはならない
という条件になります。


スポンサードリンク:
レンタルスペース・貸し会議室の予約ならインスタベースレンタルスペース・貸し会議室の予約ならインスタベース

料金体系

11949844791857354195cassa_d_39_epoca_archite_01.svg.hi

普通のセミナースペースの料金体系は、部屋の大きさによって価格が決まっています。
たとえば東京の、渋谷の隣駅・池尻大橋駅近くにある大橋会館の料金は

料金のご案内 – 研修施設大橋会館 《東京 渋谷駅から5分 池尻大橋駅そば》

です。約30人の部屋ですと、一日借りて30000円くらい。

また、渋谷の東急本店近くにあるT’S Flagという場所ですと

貸会議室料金表 | 東京での貸会議室ならティーズ

で、一日借りますと50000円から60000円となります。

これは、参加者の方が何名いらっしゃろうが、決められた料金になります。

コワーキングスペースは場所にもよりますが、以下のような考え方ができるところが多いです。

コワーキングスペースを個人が丸一日使っても良い「ドロップイン」という料金体系×人数

※もちろんコワーキングスペースの利用規則によりますので、各スペースでの確認をお願いします。

ドロップインは、スペースにもよりますが、1000円から2000円くらいのところが多いです。
30人の会とすれば30000円~60000円というのはあまり変わりませんが、ポイントは、参加者が少なかったときには×人数のところが効くため足が出にくい というところです。人数の直前の変動や「思いのほか参加者が集まらなかった」というのは主催側にとっては結構悩ましいところで、従量課金の料金交渉が可能なコワーキングスペースは頼れる味方だと思っています。

こちら、東京・茅場町にあるコワーキングスペースのCo-Edoさんですが、

こちらでイベントを行う際には、参加者数×定額、という料金設定がしやすくなっていますね。

会場設備

meeting-presentation-hi

これは会場にもよりますが、設備が有料なところはあります。たとえば
・プロジェクター
・スクリーン
・無線LAN
・電源
など。

また、参加者が皆パソコンを持ってくるような会場の場合、電源の確保が大変なケースがあります。
壁のコンセントしかなく、OAタップをどこからか調達しなければならない、などです。

こういった心配は、基本的にコワーキングスペースでは少ない(無いわけではない)です。
もちろん事前に確認すべきですが、確認してみると「なんだ、安心」となるケースも多いですね。
経験上、参加者の多くがパソコンを持参するような会であれば、無線LANと電源がしっかりあるコワーキングスペースの利用は有利な点があるのではないでしょうか。

コワーキングスペースのサイト上でイベントの案内をしていただけることがある

コワーキングスペースの多くはWebサイトを持っています。ブログをしている経営者さんもいるかもしれません。
で、そのWebサイト上で、そのスペースで行うイベントの告知や宣伝をしてくださることが結構あります。

コワーキングスペースの宣伝は、普段自分が宣伝するのとまったく異なる方へ届く可能性もあり、そういう可能性が一つでも増えることはありがたいことなんです。

オーナーさんとの人間関係を深められる

コワーキングスペースの場合、人と人を結びつけることがその存在意義の一つであることが多いです。
なので、イベントという形で様々な新しい参加者を連れてこられるイベント主催者は、オーナーさんと仲良くなれる可能性が高いです。
これが貸し会議室の管理人さんは経営者ではないことが多く、仲良くなることがあまりありません。

仲良くなると何が良くなるかと言えば、そのスペースでのイベントにご招待いただけたり、新たな方のご紹介をいただけたり。人との出会いで何が生まれるかわかりませんので、ありがたいことです。

貸し会議室が悪いわけではない

ここまで述べたことは僕が感じる、コワーキングスペースで開催する理由です。
貸し会議室にはそれなりの良さがまたあります。

・セミナーらしい雰囲気を演出することができる
・駅チカ、一等地など立地が良いケースが多い
・いつも常に、絶対に部屋を貸切にできる

こういった利点を重視するのであれば貸し会議室を利用するのも多いにありです。私のコメントだけで判断するのではなく、ご自分のイベントに応じた会場選びをされると良いかなと思います。

お勧めコワーキングスペース

以上ざっくりとですが、コワーキングスペースで開催する理由です。最後に僕がよく利用するコワーキングスペースを紹介してこの稿を終わります。

▼VACANCY OFFICE GOTANDA
VACANCY OFFICE GOTANDA,コワーキングスペース, 品川区,五反田

べいきゃんしー おふぃす ごたんだ と読みます。僕はここで開催するケースが一番多いです。
オーナーさんとの相性がとてもよく、会場を快く使わせていただけます。
JRなど五反田駅から徒歩5分という立地の良さながら、なぜか初参加者のうち数名は必ず道に迷う謎の場所です。

僕が主催していたイベント「Light Lightning Talk」は常にここで行っていました。
また、ラクガキブランドが最近ワシワシと伸びている @tamkai さんのイベント「ハッピーラクガキライフ」もこちらで開催されました。

▼Lightning Spot
渋谷駅徒歩30秒のワーキングスペース – Lightningspot

利用規約がしっかりしていて、怪しいネットサービスなどの人が入り込まない安定のコワーキングスペースです。
こちらもオーナーさんが気さくな方で、居心地が大変に良いです。アーロンチェアーがお勧め。

iPhoneアプリ開発やブログコンサル、アクセス解析などをされるブロガー・ @akio0911 さんが主催する、ブロガーズ【食べ物名】ナイトという楽しいブロガーイベントが行われます。

ブログが好きな人が寿司を食べて歓談する「ブロガーズ寿司ナイト」で楽しんできたよ | 明日やります

▼CASE Shinjuku
CASE Shinjuku(ケイスシンジュク)| 東京都新宿区高田馬場駅徒歩1分にあるシェアオフィスとコワーキングスペースが併設したメンバー制オフィス

高田馬場駅から徒歩数分という好立地にあるのがこちら、CASE SHINJUKU。コワーキングスペース+シェアオフィス的な場所なのですが、コワーキングのエリアが、60人くらいのパーティーができるでしょ!くらい広いのが特徴。
こういったスペースには珍しい「土禁」なスペースで、靴を脱いで上がります。

読書会やセミナーまで多彩に開催できるこちらは、ちょっと人数の多いイベントをやりたい時には十分な性能を持っていると思います

高田馬場では初めて!? 開業直前のコワーキングスペース・「CASE Shinjuku」の内覧会に赴いていろいろお話を伺ってきた! | 明日やります

一度行ってみると良いです

イベント開催してみたいなーと思っていらっしゃる方、普段は貸し会議室で行っている方、
一度コワーキングスペースに訪れてみたらいかがかと思います。

お勧めします!

スポンサードリンク:
レンタルスペース・貸し会議室の予約ならインスタベースレンタルスペース・貸し会議室の予約ならインスタベース

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。