バイク・ツーリング

羽田空港は都内の原付バイクツーリングでも有数の気持ち良さ #tricity #トリシティ

投稿日:

貸し出し期間が終了して泣く泣く3輪バイク「TRICITY」を返却した@odaiji さん曰く、。

高速道路に乗れない原付や原付二種のバイクだと「日頃の足」のためだけにつかうと思い込みがちですが、近所にもちょっといいスポットがあれば、原付でも堂々とツーリングしてくれば良いんですよ。

都内在住なので都内のツーリングを楽しんでみました。その一カ所が羽田空港だったりします。

50ccの原付なら環八から羽田へ

羽田空港へのアクセスで最もわかりやすいのは湾岸道路=国道357号を突っ走ることです。トリシティは原付とはいっても124ccの原付二種ですから、湾岸道路は問題ありませんが、50ccの原付ですと走れない部分があります。それを踏まえてトリシティでしたが環八方面からアプローチしてみました。

環八からですと、記事執筆時点では「空港北トンネル」にさえ入らなければ原付でも安心出来るはずです。

環八から浮気をせず、とにかくとにかく真っ直ぐ走ります。どこかで

ピンクの看板をとにかく目指す

ピンクの「第1」が出てきたら、そのピンクを追い続けてください。自然に羽田空港方面に行けるはずです。とにかく「第1ターミナル」を目指すつもりで羽田方面に向かってください。

空港にたどり着くと3~4車線の道になりますが、そこから駐車場のレーンに向かいます。地理的に、最初に目に入るのが第2駐車場(「P2」)、その奥にあるのが第1駐車場(「P1」)です。羽田へ向かうときに参考にするのは第1の看板がわかりやすいですが、羽田に着いたらP2の駐車場を目指しましょう。

第2駐車場入ってすぐにバイク用スペースが

▼第2駐車場はバイク用の入り口があるので、間違えないようにそこから入ります。

20160512_020614111_iOS

▼入れば直ぐにバイク用の駐輪スペースがあるのが分かります。

バイク用駐輪スペース

▼スペースが満車のときには臨時駐輪スペースも用意されますよ。

臨時駐輪場へ

▼駐輪の料金は30分50円ですが、1日居ても500円しか取られません。安心して空港内をぶらつけますね

駐輪料金

▼第2駐車場からは国内線のターミナルに入れます。駐車場の4階に上がってから連絡通路を渡ります。

国内線ターミナルへ

あとは買い物を楽しむもよし、展望デッキから離発着する飛行機を見るも良し。当たり前ですが天気の良い日ほど見応えのある絵が得られます。

▼ガリバーズデッキ から、一番高い所で見渡すことができますね。
P6750359

haneda

帰りも環八をとにかく目指す!

空港を楽しんだら精算して環八を目指しましょう。

第2駐車場の場合は1番ゲートから出ます。

1番ゲートから

支払いはEdyとかでも精算できるようですよ。バイクは料金支払いが面倒臭いから、電子マネー持ってると羽田は楽ですネ

▼357と環八に行けるルートを選択してくださいね。

環八を目指す

うっかり高速に乗ってしまうと点数やら罰金やらで残念なことになってしまいます。とにかく目指すは環八です。

空港の周りを回っていても楽しい!

環八から羽田に入るルートは、空港周辺になると、信号の数が減ります。原付なんて信号のGoとStopばっかりの乗り物だと思われているなら、この空港周辺は意外と気持ちよく走れるかもしれませんよ。空港到着寸前にも人工のワインディングがありますので、速度に注意しながら、原付でも車体を傾けることを楽しめたりしちゃいます。いや、それ目的で来るのは違うと思いますけれど、そういうことも楽しめますよってことで。

23区の中でも有数の大きな区・大田区に、気持ちよく走りつつ、バイクの駐輪場も完備、施設からの景観も良い羽田空港。原付を使ってのお散歩ツーリングになかなか適しているのではないでしょうか。

※原付ツーリングの記事なのにバイクの写真無かったよ。ごめんね

メルマガの登録をお待ちしています!

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-バイク・ツーリング
-, , ,