札幌

札幌で鮮魚とぎょうざカレーと散歩を堪能した一日(ワーケーション1日目)

投稿日:

2021年11月上旬、4泊5日で札幌まで旅行してきました。運用的に抱えている仕事はあるため、完全オフということではなく、結果的にワーケーションです。仕事があるときはホテルや出先で作業し、作業のなさそうな隙を見て観光や食事を楽しむ旅でした。

4泊5日の旅の初日の様子をまとめました。

早朝に出発、羽田から千歳へ

自宅から羽田空港まではバイクで移動できるため、電車を意識せず朝一の便で札幌行きを決めました。空港のバイク駐輪場は、4泊5ほど置いても2,500円くらいしか取られないため、諸々考えるとお得です。

6時50分出発の便に乗るために羽田に到着した時はまだまだ暗く、長い一日の幕開けとなりました。

新千歳空港から快速エアポートに乗り札幌へ。

自宅から新千歳空港まではおよそ810キロメートル。ドラクエウォークの、目的地までの長距離移動記録を樹立です。

その足で電車を乗り換えて隣の桑園(そうえん)駅へ。札幌市場外市場を目指します。

市場の海鮮丼を目指す。目当ての店は……

場外市場はなかなかの規模でした。お目当ては「定食めし屋」さん。ここが美味しいと人づてに聞きまして。

がーん。まあけがでは仕方ないです。この張り紙は2021年11月8日時点のものです。

はす向かいの「うめえ堂」へイン。

豪華7点盛 海鮮日替丼(税込2,530円)と

鮭ハラス焼き(税込660円)を注文しました。

丼に敷き詰められた様々な食材はとても美味しく、東京を出立した日の10時過ぎには早くも絶品な北国の海鮮で胃が満たされることになりました。

普段から肉の脂が好きなモノとしては魚の脂も堪能したいと思い一緒に頼んだ鮭ハラス焼き。脂が脳内の幸福感を司る神経にビシビシ来ます。朝から食べ過ぎと思わなくもないけれどそんなの気にしない。とにかく旨かった。

ホテルのロビーで仕事をした後に札幌のソウルフードを食べる

こうしている間にもちょいちょいと仕事が入ります。宿泊予定のホテル方面に向かいつつ、どこで仕事をしようか考えることに。

宿泊先のネストホテル札幌大通りで仕事する

宿泊ホテルはネストホテル札幌大通でした。楽天トラベルで飛行機とホテルの組み合わせの旅行セットで内容と価格のバランスの良い宿泊先を探していたのですが、価格が安く、朝食バイキングでいくらやサーモンが食べ放題だったホテルがこちらのホテルでした。

ネストホテル札幌大通は南2条にあり、札幌駅から10分ほど南に歩いて大通りを抜け、さらに数分歩いたところにあります。

ロビーは結構おしゃれ。市内の移動と仕事に必要な最小限の道具以外はホテルに預け、ロビーで仕事をすることにしました。誰もいなかったので、密などの問題もないだろうという判断です。

仕事の後のソウルフードが最高過ぎた

やがて昼食の時間が訪れ、僕のおなかも減ってきたころを見計らってすすきの方面を目指します。

目指すは札幌のソウルフード・ぎょうざカレーを提供するチェーン店「みよしの」さんです。

オトナがゴキゲンになるときに必要そうな魅せにはさまれた人気チェーン・みよしのさんです。完璧に庶民の味の店。

メニュー右上のぎょうざカレー(税込490円)をチョイスしました。

いかにもな福神漬けの手前にあるのは、キャベツの塩漬け的なもの。さっぱりしてそうです。

出てきたぎょうざカレーはこれ。

スプーンをがっと差し込んで、カレーと餃子を一気に行きました。
なんだろうな、なんかとってもかけがえのないうまさがあるんですよ。

カレー単品。餃子。福神漬け。塩キャベツ。

どれも、多分とびっきりの高級品を使っているようなことは無いはずです。普通に美味しいんだけれど。

そして、これらが合わさったとき、札幌市民でもなんでもないのに、なんだか懐かしい、かけがえのない味を感じることができました。

いやこれやばい。尊い。また来たい。

チェックインの時間を迎えてホテルへ

ぎょうざカレーを堪能してすすきのをぶらぶら歩き、程なくするとチェックインの時刻に。いろいろ落ち着きたいのでチェックインを済ませました。

ベッドもテーブルも大きくていい感じ。夜まで、残りの仕事をすることにします。

仕事中も旅行気分は忘れませんよ。コンビニのアイスコーヒーに、北海道十勝牛乳を入れてアイスカフェオレを作り、飲みます。牛乳単体で飲むと、東京都はひと味違う濃厚さがある気がするので、きっとアイスカフェオレも美味しいんだ。どんどん牛乳を足せるから、ふつうのアイスカフェオレよりもミルク感が濃厚なものになりますしね。

ヨーグルッペも美味しかったぁ。札幌万歳。

名店「シハチ鮮魚店」で夜の魚と酒を堪能

夜ご飯に訪れたのは北24条の鮮魚店「シハチ鮮魚店」です。簡単に言うと「イートインができる魚屋さん」です。
北24条は地下鉄南北線で、大通り駅から一本で行けるところですので、移動は簡単。行くべきところですよ。

こんな風に冷蔵ケースに入っている、魚をはじめとした美味しそうな食材から好きなものを選んで店員さんに見せ、奥の席で食べることができるんですよ。正直全部選びたい。堪能するために、何回も行きたい。

税込1078円の刺身盛り合わせ。このすべてがぷりっぷりの新鮮さ。

明太子はおおきい一はらで税込300円でした。明太子って九州のイメージですが、たらは北海道で取れますからね。立派に地元の美味ですよ。

ボリュームたっぷりのイカそうめんが税込300円。最高のボリュームです。

魚介を米飯とともにつけ込む発酵料理「いずし」(税込380円)を初めて食べました。甘くないヨーグルトに近い発酵感のあるもので、鮭が旨い。

こんなん頂きながらお酒を頂いたら幸せな夜に決まっています。
はーごちそうさま。

ホテルにもどって二日目に備える。憧れのセコマも初訪問!

美味しい魚とお酒を頂いて大満足でホテルに戻ります。戻りがけに、どうしても行きたかった札幌のコンビニ・セイコーマートを訪れることができました。セイコーマートは店内で作っている軽食「ホットシェフ」も美味しく、どの札幌出身者に聞いてもとってもポジティブな感想を聞けます。

買ってきたのは、サッポロビール、ソフトカツゲン(これも北海道の地ドリンクだ)に加え、セイコーマートのフライドポテト。ガーリッグが効いてて美味しいの。食べ過ぎたけど大満足!

そうそう。アーケード街「狸小路」を歩いていたら、なんだか何でもかんでも半額な「TOA mart」なるお店を発見。住んでたら買いそう。

よく食べて大満足の一日

朝4時に起きて空港に向かい、仕事をしつつ24時くらいまでお酒と肴を楽しんでいた札幌遠征の初日。あまり疲れも感じることなく、一日を仕事と観光と飲食で楽しむコトができました。場所が変わって気持ちが新鮮だったからか、作業の効率も良かったように思います。

翌日の朝はいよいよホテルの朝食バイキング。楽しみですよ。

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-札幌