LINEで送る
Pocket

@odaiji さん曰く・・・。

すでに様々な参加者・執筆陣からも報告が上がっております。2014年11月28日に僕が総編集長を務めている合同メルマガ「Edge Rank」の初のオフ会というか懇親会というか、皆様への感謝会というべき「Edge dRunk」が行われ、無事終了いたしました。

ご参加いただきました皆様には兎にも角にも御礼申し上げます。これからもEdge Rankでは

・一通一通のメルマガも
・合同メルマガ(メルマガの集合体)としてのEdge Rankとしても

より楽しいものをお届けしてまいりたいと思います。またあのように皆様の前で執筆陣がご挨拶できますよう頑張っていきたいと思いますので、引き続き応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

読んでくださってありがとうございます

まずはこれに尽きるわけですよ。読者の皆様がいらっしゃるから僕らはメルマガを出すことができるし、こういうイベントを開くことができたんですね。

そのささやかな御礼になったかどうか分かりませんが、いや御礼になっているのかどうかも分かりませんが、執筆陣が全員そろい、一人でも多くの方とお話させていただくべく、Edge dRunkは開かれました。自分を始め多くの執筆陣が一人でも多くの方と話そうと努力したつもりですが、150分という中で50人が集まる場ですから全員と会話仕切ることも難しかったというものです。

お話できなかったかた、また、今回ご参加いただけなかった方。ぜひ次の機会にご挨拶させていただければありがたく思います。

僕が何も言わなくても頑張ってくれた執筆者

あの日、じゃんけん大会のプレゼントが沢山出てきたと思うのですが、僕が執筆者に

「みんなプレゼント持ってきてね!」

とは言ってないんです。なんたって、当の僕が持ってきていない。

でも、みんなが自発的に考えてくれていました。僕は会場を押さえたり、時間を決めたりという作業で、執筆陣の感謝の気持ちは、それぞれの執筆陣が表してくれていたんです(プレゼントを持ってきてない人が感謝してないわけじゃないですよ!)

それぞれの気持ちが皆さんに届いているといいなあ。

小さな失礼はいろいろと・・・

今回一番失敗したなーと思うのは、皆様の前で、執筆陣全員が前に出てご挨拶することができなかったことです。
ここにご挨拶したり、会話したりは出来ているのだと思いますが、全員で、皆様の方を向いて、ご挨拶するべきでした。

裏話をすれば9人も執筆陣がいるので、現地の会場スタッフは要らないだろうとたかをくくってしまった僕の采配ミスで、ホストの9人のほかにスタッフをお願いすべきだった。それで僕らがちゃんとご挨拶すべきでした。

どうぞ失礼をお許しください。お詫びに、Edge dRunk前にスタッフで集まった時の集合写真を掲載します。
顔出しNGな執筆陣は顔を隠したものですのでご安心を。

▼どれが誰だかわかったあなたには、Edge Rank3級に認定します。

何で10人いるかはナイショ
何で10人いるかはナイショ

第2回ができるように頑張ります。

お休みの日に開催できるようにしたいとか、シアトル在住のRihoさんとどうやって折り合いつけようかとか、課題はいろいろありますが。

あ、もちろんそのときまでメルマガを存続させないといけませんが・・・。ま、僕以外の執筆陣が優秀だから、大丈夫かな(笑)

第2回のEdge dRunkが開催できるよう、編集長としてはふんどしを締めてかかって、メルマガを成長させていきたいなと思っています。皆さんに愛されて、

「ああ、この執筆者と会ってみたいな」

と思えるメルマガにしたいです。そして、その気持ちへお返しできるEdge dRunkを、また開催したい。

第1回としては全部で50人も超えましたし、とりあえず初回にしては及第点のEdge dRunkと自己採点しておきます。反省事項は執筆陣でシェアして、次につなげてまいります。

皆様、今後のEdge Rank(とEdge dRunk)を、よろしくお願い申し上げます。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。