野球

巨人・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手が引退!お疲れ様でした!

更新日:

拝啓@odaijiです。

このエントリーの流し読みっ!

  • 2012年12月28日、日本時間の午前七時に引退会見
  • 草野球とかはやるぜ!
  • ポイントのホームラン映像をどうぞ
  • ついに引退のときが

    2012年12月28日、プロ野球の巨人やアメリカ・MLBのヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手が現役引退を発表しました。

    松井秀喜選手 現役引退を表明 NHKニュース

    今年の成績は正直、お世辞にもまっとうとは言えないものでしたが、度重なる怪我などでいっぱいいっぱいだったのでしょうね・・・。現役生活としては悔いのなさそうな会見でした。

    今はとにかく、お疲れ様でしたと申し上げたいです。


    引退の噂が出る

    会見の前日。2012年12月27日。
    サンケイスポーツの一面にはこんな文字が躍っていたんですよ。


    松井 引退か


    「か」の文字が折り返したところにあって、まるで東スポのような紙面でしたけどね。

    なので、なんとなく予感がなかったわけじゃないんです。


    4打席連続敬遠

    松井選手が最初に「伝説」になったのは、星陵高校時代の甲子園大会、明徳義塾高校戦でした。

    作戦上の重要性がなかったのに、単に松井選手だからという理由で、全4打席、敬遠されたのです。

    試合は、松井選手の後続が断たれ、明徳義塾の勝利に終わりました。
    この時の口惜しさを押し殺した対応が、大人だなあと思わせられたものです。

    ▼1991年の甲子園、高校時代の松井


    巨人の1990年代、ヤンキースの2000年代を支えた

    1990年代、2000年代は日米の超人気球団、巨人とヤンキースで松井選手は輝きました。全部を出すことはもちろん難しいので、Youtubeで名場面を抜き出してみましたよ。

    「ゴジラ」の愛称にふさわしい活躍だったと思います。幸いなことに、Gozzila。アメリカでも通じる言葉だったんですよね。

    もし「おばQ」があだ名だったら、海外でどうしたんだろう。

    ▼1993年、ヤクルト高津からプロ初ホームラン

    ▼日本で放った数々の特大ホームラン

    ▼2003年、ヤンキースに移籍。初のヤンキースタジアムであいさつ代わりの満塁ホームラン

    ▼ワールドシリーズMVPの活躍をし、歓喜のパレード


    現役最終版

    日米通算507本塁打というのが松井選手の全プロ成績です。立派です。

    節目となった日米通算500号の映像がこちらです。

    日米通算500号


    強打の外野手がMLBでも活躍できる例を示した最初の選手

    イチロー選手の成功はありました。
    2012年もヤクルトから移籍した青木選手が活躍しています。

    しかし、アメリカでシーズン30本塁打した日本人選手は松井選手だけです。

    日本にいたときより本塁打数は減っていましたが、間違いなくチームの主軸として期待できる選手でした。

    きっと後進を育てることになるのですが、第二のゴジラ、ミニラ、メカゴジラをぜひとも育てていただきたいもの。

    松井選手、20年にわたるプロ生活、本当にお疲れ様でした!今はゆっくり休んでください!!

    メルマガを読んでみませんか?

    メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
    お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
    登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

    どのようなメルマガなのか、概要は
    エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
    ↑↑こちら↑↑をご覧ください。

    -野球