LINEで送る
Pocket

低炭水化物ダイエットをしていると、外出時の食事に困ることがありますよね。このブログでは低糖質ダイエット時に活用したいおすすめ外食チェーン店といった記事で、糖質制限をしている人が外出時に行きやすいチェーン店を集めているのですが、そこに一つ仲間が加わったのでご報告です。

牛丼チェーンの「すき家」は、ご飯を豆腐に置き換えた牛丼が食べられます。その「牛丼ライト」をご紹介しますっ!

牛肉大盛りでも530円・403Kcal

牛丼ライト(店内)

割と低糖質ダイエット食はお値段高めなことが多いんですけれど、これならお安く食べられますね。さすが、人数少なめのオペレーションで低コストを実現しているすき家。人数少なめなオペはまあ社会問題にもなりつつあったんですが、お値段が安いこと自体はありがたいです。でも安全にね。

注文する

牛丼屋さんなのであっという間に来ますね。これはお肉大盛りです。オプションで漬物・生卵・豚汁の3点セットを頼んでいますが、ここでは割と省略します。

お肉をどけてみると、野菜サラダon the 豆腐の姿が見て取れます。乱暴に言えば、冷や奴と野菜サラダと牛肉を一つのどんぶりに入れているといったところ。通常の牛丼のどんぶりよりも直径は小さく高さがあったように思います。隣の席とぱっと見比べただけだからわからないけれど。

ポン酢は野菜サラダに

Webサイトの商品ページには「ゆずポン酢がかかっています。」と書かれていました。
が、肉だけ食べてみたらここには掛かっていなかったようで。複数回食べていないので本来お肉にかかるかどうかはわかりませんが、牛丼にお肉らしさを堪能したい部分もあるので、この処置は良いように思います。

まあ、ポン酢らしさを感じてみたいのであれば牛肉と野菜を一緒に食べればOK。

うん、バラ肉の脂っこさが少し抜けてゆずポン酢の爽やかさが加わりました。脂が苦手なひともこれなら食べやすいかも。

うん、豆腐は豆腐ですね。コンビニで一食分の豆腐が1パックになっているものがありますが、ちょうどあんな量だと思います。

味的にはまんまですが、豆腐をポン酢で食べてますよーってところです。豆腐サラダというメニューも世の中にはあるくらいですから、野菜と豆腐のマッチングは悪くありません。

牛丼ライクに食べてみる

せっかくなので、牛丼ライクに食べてみました。すなわち、生卵を乗せ、七味唐辛子と醤油を少々かけた形。
まず、思ったよりポン酢が主張しないのが良い感じですね。個人的にはバラ肉はバラ肉らしく、脂を感じて食べたい派なので、生卵・醤油・七味唐辛子と牛肉の相性は普通の牛丼のように抜群です。

豆腐サラダと生卵、という組み合わせを見ても大して困る組み合わせでは無く、結果的に美味しく食べることが出来ました。まあ、あえて生卵を入れる必要は無いとも思いますが、せっかく牛丼屋さんに入ったのだから牛丼らしく食べたい。そんな人には悪くないオプションです。

量はやや少なめ?胃の小ささを計ろう

食べ終わった感想ですが、牛肉大盛りでも全体はやや控えめ。46歳男の胃袋としては若干物足りないかなあと思いました。ただ、ダイエットで胃袋が小さくなって、これがちょうどいいと思えるようになったらいろいろ捗りそうとは思います。ちょうど良くなるように他の食事を抑えるっていう考え方もできるかも。

チェーン点のノーマルメニューなので、どこででも食べやすいのは大きなメリット。ご飯を豆腐に置き換えているので糖質も減らせますし、牛肉の量を増やすことによる満足度も得られやすいかな。

ただし、満腹感が十分かというとそこは微妙で、食べた直後も若干の物足りない感があり、また、これを食べた5時間半後には空腹で晩ご飯をしっかり目で食べてしまいました(もちろん糖質は抜きましたが)。

食が細めの方の低糖質にはとても向いてそうです。たくさん食べる人は牛丼ライトをダブルで!みたいな、ダイエットしているんだかしていないんだか分からない豪快メニューを頼んでみてもいいかも。

一つのどんぶりで豆腐・サラダ・牛肉の3食材がいっぺんに食べられます。丼物としての手軽さをキープしてくれながらも糖質制限ダイエットに向くという考え方は好きです。食後のさっぱり感もあり、あっさり一食欲しいなというときには向いているメニューではないでしょうか。

なお、すき家では期間限定で

ロカボ牛ビビン麺
ロカボ牛ビビン麺 (冷・温)(店内)

ロカボ牛麺
ロカボ牛麺 (冷・温)(店内)

という二種類の低糖質食も提供しているようです。
記事執筆時点でいつまで、どのように提供されるかわからないのですが、すき家に入ってこれが頼めるのであれば、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。