茨城県

納豆大好き!なぼくは「いばらきプレミアム商品カタログ」を見て心躍らせた

更新日:

@odaiji さん曰く、。

6,000円相当の茨城県ご当地プレミアム商品を4,000円で購入できる「いばらきプレミアム商品カタログ」というのがありましてね。

このたび茨城県農林水産部販売流通課からその商品カタログを1部無償提供していただける機会がありましてね、ホテルの朝食バイキングで納豆6パック食べてしまう僕が早速拝見してみたわけですよ。いや、魅力的なカタログでした。

パンフレットが届く

今回は茨城県農林水産部販売流通課のご厚意でカタログを頂戴しました。一般に購入してみたい、という場合は
いばらきプレミアム商品カタログ
▲ここからカタログを購入すると良いと思います。

届いたカタログはこんな感じです。

▼ほぼA5サイズ、約70ページのカタログ
P6680553

▼農業・漁業・工業の名産があることを伝えつつ・・・
P6680559
P6680560
P6680561

▼販売対象となるプレミアム名産品のページに続きます。
P6680562
P6680564
P6680566
P6680568
P6680570

美味しそうだったり見た目のきれいな器や箸の写真だったりするので、パンフレットは見るだけでも楽しいです。
この中から欲しい商品番号を第三希望まで、パンフレットにくっついているはがきに書いて送ると、後日商品がとどくという仕組みです。

僕は最初、この中のどれとどれを組み合わせて買おうかなと思ってたんですけれどもね。

どうやらこれはそれぞれの商品が6,000円相当のものみたいですね。だから、一番欲しい物からベスト3を選んではがきに書くといいです。

商品ごとに注意書きがされています。
写真 2015-12-30 20 00 01
それぞれの商品には「限定〇セット」といった表記があるので、もし買ってみたいものがあるなら早めに発注するのがいいみたいです。2月いっぱいまでのギフトカタログなので、興味のある方は早めの問い合わせがよさそう。

また、商品の販売時期やアレルギー関連情報なども出ているので、買いたいもの、買えるものをしっかり見極めておくとよいでしょうね。
みんな大好き常陸牛でも、7~11月のものと通年のものとありましたから要注意です。

茨城県といえば納豆!干芋!

袋田の滝とか霞ヶ浦とか鹿島アントラーズとかあるけれど、僕にとってやっぱり茨城県といえば納豆なんです。僕の中ではね。だから、真っ先に見たのも納豆のページ。

▼カタログ中、約2ページほどを納豆に割いてくれています。
P6680554
P6680556

いろんな納豆の詰め合わせ、いいなあ。賞味期限10日か。一人で食べきれるかな?

▼そういえば冬になると干芋も食べたいので、これまた良い良い。
P6680557

ストーブの上でやかんのお湯を沸かしているような時代の時は、そこに干芋をのっけて軽くあぶってみたりもしたもんだ。うまいんだよね。

第三候補までは納豆と干芋で埋まってしまうことでしょう。

茨城の美味い物を厳選! ちらし

同梱されていたチラシには茨城県の美味い物が紹介されているものがありました。

▼こちらですね
P6680543

まあ、これを見てても、僕の目に入ってくるのは納豆製品ばっか。

▼ずらずらっと・・・。
P6680544
P6680545
P6680546
P6680547
P6680548
P6680549

▼別のチラシ「茨城マルシェ」にもこんな納豆食品が。
P6680551
P6680552

茨城マルシェは有楽町にあるんですよ。
食品に興味がある!でも実際に見てみたい!という方は
茨城マルシェ
こちらを調べるのがよさそう。

出費は4000円、喜びは6000円

今はいろいろ「地方」の時代。地方って言い方があれだけれど、東京以外、みたいな感じかしら。
もしあなたが茨城県に何らかのかかわりがあるなら、こういうカタログギフトをお世話になっている人に送るのも素敵ではないでしょうか。

こっちの懐は4,000円しか痛まないのに、相手には6,000円分の喜びを差し上げられるのも良いですよね。

お歳暮の時期は過ぎちゃったけれど、プレゼントにシーズンなんてありません。お礼のついでにカタログをちょっとお送りする。こういうのも悪くないですね。

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-茨城県
-, , , ,