LINEで送る
Pocket

別に言語学者でもないし、比較的ら抜き言葉も目くじら立てるようなことはないんですけれど。
「クッソスゲエ」「クッソワラタ」みたいな「クソ」「クッソ」がどうにも違和感強くてたまりません。使ってる人を見ても止めようもないけれど、もし自分に子供がいてしょっちゅう使っていたら注意するんじゃないかなって思う。いないけどね。嫁もね。

とってもきれいなものに「クッソきれい」っていうの?それ、嫌じゃない?

いやまあスラングなんでしょうけれど、人前で使ったり子供の前で使ったりするのは嫌だなあ。

※アイキャッチ画像は武田信玄に手痛い敗戦を喫した徳川家康。恐怖のあまり馬上で脱糞したという逸話が残ってます。

言葉の意味はこれだよね?

クソとは (クソとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

これの2番目の意味でいいんですよね。利用する人たちは「すごい」を形容する言葉として使っているんだと思ってます。
この使い方が好きじゃないって話。

普通の辞書を見ても良い意味の言葉は見つからない

普通の辞書なんかを見ると出てくる言葉の意味は

1.排泄物
2.垢とかカス
3.イライラするときなどに発する言葉
4.卑しめる言葉
5.軽蔑的な要素を含めて強調する言葉

あたりです。結局、5の意味が拡張されているんじゃないかなと思うのですよね。
・くそまじめ
・へたくそ
こういう言葉から軽蔑の意味が濾過されて強調だけ残った、みたいな。

でも、元からやっぱり肯定的な意味がないんですよねー。

奥野(のブログとか記事とか人間性とか)はクッソすげえ!って言われたら

いや、これ正直に喜べるかどうかわかんないっすよ。
糞扱いかよ、って思うから。僕は。

変化の由来を知ってる方は教えてほしいです

この「クソ」「クッソ」って言葉が、どうやって褒め言葉に使われるようになったのか、知っている人はぜひ教えてください。
もしこの派生でないのであればいろいろ考え直さなきゃいけないし。派生なのであればこれまで通り僕が個人的に嫌っていればいいし。

できればすっきりさせたいんですよねー。クソだけにね。

あ、別に普段使っていただいて構わないです。僕に対しても気を使ってくれなくて結構ですよ。
あえて糞くそクソ連発されるのは嫌ですが(笑)

僕が好きでないだけで、使う人の自由ですから。

LINEで送る
Pocket

“すごく良い、を表す形容詞に「クソ」「クッソ」を付ける違和感がハンパない。” への16件のコメント

  1. クソすごい!ってクソ!すごいと思わなかったのにすごい!って思ってしまったの略ではないてすか?
    だって尊敬する人に対してクソすごい!って言う人見たことないです。

    1. コメントありがとうございます。いやー由来がどうなんでしょうねえ。
      ネット上の言葉の方が顕著かなとは思うのですが、現実に口に出す言葉としては・・・でもゼロでもないきもします。

  2. これ、本当に嫌です。
    最近の20代前半くらいの子達は平気でくそくそ言ってますね。
    たぶん10年くらい前にめっちゃが流行ったのと同じ感じで普通に使ってます。たぶん糞と言ってる意識はもはやないと思います。
    食事中でも平気でくっそうめーなどと言うのは本当に残念です。

  3. マイナスを示す程度表現が強調のみ残すことは、言語史上多く見られることです。
    例えば我々が普通に使う「凄く」なども、もともとは「凄惨な、おそろしい」というようなマイナス表現の意味です。こうした言語の変化に時代時代の人々も敏感でして、しばしば問題提起しておりますが、結局浸透してしまって、後世普通に使われることが多いかと思います。「クソ〜」もその道を辿るのではないでしょうかね。私は育ちが悪く、なかなかに許容できてしまいお恥ずかしい限りです。

    1. コメントありがとうございます。

      なるほど、「すごく」もそのような流れがあるのですね。勉強になります。人によって許容できるもの・できないものもそれぞれですから、後の日本語を話す人たちの結果を待つしかないのでしょうね。

  4. 勝手にツイッターに貼らせていただきました。申し訳御座いません。フォロワーの何人かの子たちが使っていたのでつい戒めになればと思いました。
    子供達には子供達の世界があるのでしょうが、使い方間違ってると思います

    1. コメントありがとうございます。言葉は変化するものだと思っています。が、自分がその変化を気に入る・気に入らないってあると思うんですよね。人間ですから。
      シェアは大歓迎です。そのツイートも拝見しましたし、反対意見も拝見しました。個人がそれぞれ思い、それが元になって言葉が変わっていけばそれでいいとは思っています。

      自分は使いませんけれどね(笑)

  5. 別に言語学者でもないし、比較的ら抜き言葉も目くじら立てるようなことはないんですけれど。

    この一文の時点で変化する言葉に対してどうこういう資格はないというか
    クソだけに目くじらたてる理由もない気がします
    時代とともに意味合いや表現は変化していっているという話ではないですか?
    貴方が古典の文にでてくるような表現を使っているのなら話は分かりますが
    貴方の中の貴方の世代の言葉だって昔の人が聞いたら違和感にしかならない言葉はたくさんあると思います。
    もうすこし変化を受け入れ寛容になられてはいかがだろうか

    1. コメントありがとうございます。自分の違和感が大きいという話と、自分がその言葉で褒められても嬉しくないというお話ですから、資格うんぬんって全くお門違いの視点だと思います。別にななしさんに使用するなと強制していませんよね?

      言葉に限らず森羅万象、変化は当たり前です。その中にも、自分がそう思うということ、そう思わないとありますよね。そしてそれを個人ブログに書くことは全く自由です。

      あなたはすべての変化を100%受け入れて生活していますか?「それ違うよ」って思うことはないのですか?それをどこかに人に言ったりネットに書いたりすることはないのですか?

      従いまして、この一つのテーマから「寛容になられてはいかがだろうか?」と上からの目線で頂くアドバイスに関しては「否」とお応えいたします。

  6. 私もクソを良いとか凄いみたいな意味で使うのは嫌いですね。

    ただ、似たような使い方でもバカ、だと許容できるのが我ながら矛盾していると思ったりもします。
    まぁバカを肯定的に使うのはクソよりは歴史があるのと、クソと違って汚い(不潔)イメージがないせいかな?と思っていますが。
    (クソは排泄物でありウンコですからねw)

    あと、単にクソ~と言うよりクッソ~と言う方が、なんだか得意げな雰囲気が漂って余計に気が滅入りますね。
    ただでさえ聞きたくないのに強調されるとたまりません。

    最後に、語源については一つ心当たりがあります。
    ワンピースというマンガに出てくるサンジというメインキャラクターがそのような口調でした。
    サンジは荒くれ者相手のレストランで働いていた為とても口が悪い設定ですが、それを更に推し進めてクソ~が口癖になっている感じです。
    (師匠に謝意を述べる時すら「くそお世話になりました」と言うくらいのノリですw)

    現在のクソ~の使い方は上記のサンジの口調とも微妙に異なるので断言はできませんが、ワンピースの知名度やサンジが人気キャラクターであることから、影響はあるのではないかと考えています。
    ※他にもっと直接的な語源があるのであれば私の早とちりですがw

  7. ワンピースの影響ですよ。
    サンジみたいな言葉の悪い俺カッコイイ的なものです。

  8. 英語でも肯定的な意味で強意の「ファッキン〜」という言葉を使うので、口語においてはわりと普遍的な表現ではないでしょうか。堅い文章を求められる時に使うのは不適切かも知れませんが。

  9. 「貴方は滅茶苦茶良い人だ」と言われて悪い気がしますか?そして「貴方は滅茶苦茶な人だ」と言われたら……強意の「クソ」も、まあ同じようなものかと。

    1. コメントありがとうございます。
      そうですね、元が汚い言葉だけど変化の中で普通に使われるようになる言葉は確かにたくさんありますね。

      個人的な感覚としてご理解くださいませ

  10. 「クソ」はまぁそうなんですが、私は「ハンパない」にもなんか違和感あります。
    今世紀に入ったあたりから聞くようになったのかなぁ。昔は「ハンパじゃ(では)ない」としか言いませんでしたよね。
    別にどうでもいいんだけど、なんで「じゃ」ぐらいを省くかなぁ、とムズ痒くなる感じです。

    1. コメントありがとうございます。まさにおっしゃる通りで、そのツッコミをいただくためにつけたタイトルでもありました。
      ハンパないという表現、実は私もあまり好きではなく、もっと良い表現でいけるはずだと考えてはいる口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。