松竹

5月16日封切り。「駆込み女と駆出し男」を観る前に見とくといいもの

更新日:

@odaiji さん曰く、。

これまであんまり映画を観なかった僕が「いやあこれは面白い!」と思った映画の一つが今週末・2015年5月16日に封切りになります。

「駆込み女と駆出し男」です。

大泉洋さん・戸田恵梨香さん・満島ひかりさんが主演・ヒロインで、江戸時代に女性から働きかける離婚の有力手段であった、鎌倉にある縁切寺・東慶寺を舞台にした男女の物語です。
大泉さんは東慶寺の門前に構える御用宿(離婚や調停の手続きをしたり、事情聴取をしたりする宿)でも働きつつ、医者の見習いをしつつ、戯作者の見習いをしつつという様々な「駆出し男」。
戸田恵梨香さんや満島ひかりさんは東慶寺で離縁を申し立てる「駆込み女」の役です。

この映画、とても面白いのですが、もし一度っきりの鑑賞をするのであればちょっとした予習をしておくとさらに楽しめます。大泉さんのセリフ回しが面白いのですが早口で理解が大変だったり、江戸の言葉や文化がよくわからなかったり、駆込み寺のルールがよく分からなかったりするんですね。これらが少しでも分かっていると楽しさが倍増するよなーと思うからです。

あ、それぞれの書籍はネタバレにならない本ばかりですので大丈夫ですよ(映画のシナリオがいろいろなものの組み合わせだったりするので問題なし)

駆込み女と駆出し男

某試写会での舞台挨拶の一コマです

某試写会での舞台挨拶の一コマです

大泉洋さん主演、戸田恵梨香さん・満島ひかりさんがヒロインの映画です。江戸時代、女性から離婚を申し立てる手段であった駆込み寺は鎌倉と群馬に1か所ずつあったのですが(関西以西の人はここまで来たんですかね?)、その1つ・鎌倉東慶寺を舞台にした、離婚したい女と離婚の事務手続きや調停を行う御用宿で働きながら医者・戯作者見習いもしている男の物語です。

僕のブログ記事からご紹介

僕は試写会に参加したり、その前後で関連書籍や資料を読み漁ったりしたものですから、これ読んどくと理解が深まるなーという材料がいくつかあります。それをご紹介しますね。

川嶋すず著・「お江戸離婚(みくだりはん)物語」

これは映画とは直接の関係はありませんが、縁切寺・離婚に関する男女の物語を、縁切寺研究第一人者の高木侃さん監修のもとで漫画化されたものです。
江戸時代に縁切寺を使った女性は弱い女だけではなく、したたかな女、悪い女もいた、ということが良く分かります。

読了するのに1時間もかからないでしょうから(もちろん読み込めばもっとかかります)、ざっと読んでから映画に向かうと楽しさが倍増します。お勧めです。

東慶寺を散策してきた

実は映画のロケ地は鎌倉・東慶寺ではなく、映画『ラストサムライ』の舞台でもあった姫路の円教寺です。これは本作の監督、ラストサムライにも関わっておられる原田監督が携わっていることで想像がつくかもしれません。そういう意味では映画ファンが行う「聖地巡礼」にはなりませんが、やっぱり行ってみて、当時に思いを馳せてみたいものじゃないですか。

楽しんで行ってきましたよ。

「シネマズ by 松竹」にて執筆

ぼくが公式ライターをやっている「シネマズ by 松竹」でも、本作の事は書かせていただきました。本当に思うのは「娯楽作品として見て面白いけれど、時代背景が分かったらもっともっと面白い!」と思うからこそ、紹介させていただいたんですね。

お勧め書籍

本作を観る前に読んでおくと知識や想いが増加する書籍を4つ、ご紹介しています。僕のブログでも書きました「お江戸離婚ものがたり」も含まれています。
東慶寺に関する文化を理解するとなると、とりわけお勧めなのが東慶寺と駆込女 (有隣新書51)です。

劇中、大泉洋さんと武田真治さんが川柳を用いたバトルを繰り広げるのですが、その川柳も事前知識がないと「よく聞き取れない英語ラップを雰囲気で聞いている」みたいな状況になります。この書籍に出ている、東慶寺に関わる川柳集をざっと見ておくだけで、セリフの意図や雰囲気、詠んだ人の気持ちなどが分かるでしょう。

他2冊の書籍も紹介しています。どれか1つに目を通すだけでも映画の面白さが倍増しますよ。

鎌倉東慶寺を散策

先ほど自分のブログに書いたものをご紹介しましたが、あれは、この記事に対するフォロー記事みたいな感じです。東慶寺の写真はこちらにがっつり掲載しているので、実際のお寺を見たい方はこちらをご覧ください。
訪れた日は2月の雪のぱらつく日。とても寒かったけれど、なかなか風情があってよかったですよ。

映画ブロガーのレビュー

僕が編集長をしている合同メルマガ・Edge Rankの共同執筆者で映画ブロガーの柳下さんが試写会に参加し、そのレビューを書かれています。さすが映画ブロガー、ネタバレさせずに作品の面白さを伝えていますね。

おーなるほど、こういう見方があるんだ!と参考にもなっちゃう記事でした。ぜひご一読をお勧めします。

公式サイト関係

もちろん、公式サイトは抑えておいた方が良いでしょう。

『駆込み女と駆出し男』5月16日(土) 全国ロードショー

予告編動画も見ておきましょうね。

鑑賞、おすすめします

僕がシネマズのライターやってるから、とか関係ないです。掛け値なしに面白い。
時代劇だけれど恋愛要素もあり、大泉洋さん・戸田恵梨香さん・満島ひかりさん・樹木希林さん・山崎努さん・堤真一さん・武田真治さんらの魅力もたっぷり堪能できます。
ぜひぜひ一度見ていただくことをお勧めしますよ。僕は試写会見てますが、もう一度お客さんとして見に行った上で、DVDかブルーレイも買う予定です。

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-松竹
-