カップ焼きそば

【ソウルフード?】 ペヤング 激辛カレーやきそば の開封の儀と、妙技を味わう

更新日:

基本的に辛いもの好きの@odaijiです。
以前、赤いペヤングがあって、これは結構辛かった記憶があるのですが、このたびその第二弾と申すべき激辛カレーやきそばが登場しました!

ブログも始めたことですし、開封の儀と共に味のレポートをお届けします。

パッケージです。「油断ならない辛さ!」のコピーが食欲をそそります。
パッケージを、びりびりびり。男は、びりびりするのが好きです。変態か。

内箱はノーマルペヤングと共通仕様かな。

ふたを開けてみました。麺とやきそばソース、かやくが入っています。

かやく投入。かやくにおかしな点は見当たりません。ということは、「犯人(ホシ)」はソースにあり??
ちなみにかやくは、麺の下にいれる流派もあるらしいです。ここはノーマルに、上に載せました。

ソースです。何となく、右側が濁っており、左側が若干透明度が高そう。
さて、ここでお湯を注ぎ、3分待ちます。僕は固めが好きだから2分くらいで開けちゃおうかな。しばしお待ちください・・・

ちーん。レンジじゃないので音はならないけれど。できましたよ。

お湯を切ったところ。左上に湯切り口があるので、どうしてもかやくは左上に行きます。
ここでふたをしたまま、がっしゃがっしゃ振る流派もあるようです、しかし今回は我慢しました。

S字にソースを掛けて行きます。最後余ったのは一番上の行にたらしました。
刹那!! カレーっぽいツーンとした香辛料の香りが・・・。これは辛さを予感させます。
なので、上から2行目あたりが先のソース写真の透明部分。一番上の行が先のソース写真の濁り部分です。

下半分だけかきまぜました。本来僕は、かきまぜずにそのまま食べるのが好きです。でもかき混ぜた絵も撮りたかったので、下半分だけはごにょごにょ。では、いただきまーす。

一口目・・・それほど辛くないなあ・・・と思いながら飲み下そうと、麺が口の奥の方に行った瞬間、結構な辛味が僕を襲いました!カレー臭だ!奥に程よく広がる辛味。鼻の頭から脂汗が出ます。
でも食べられないほどじゃないし、これなら行けるね!

かきまぜゾーン、食了。次はそのままゾーンに突入です。そのままゾーンの特徴は、辛いところは超辛く、そうでないところは全然、という味覚のコントラストの幅が広いことです。きっと、最高値がより高くなることでしょう。

鼻の脂はとまりません。では、いただきます!

辛っ。これまでの限界値を超えてきた辛さが口内を腫らして回ります。辛いもの食べたい!って時に結構満足のいく辛さ。カレーの香りもしっかりしています。そして、ペヤングな麺の喉越し。
ペヤングの激辛カレーというのは、伊達じゃありません。

額からも汗出てきた。

食了。頬を軽く汗がつたいます。
食べ終えた後も、はぁはぁと辛さが残ります。
マイルールとして、辛いものを食べてる間は水分は極力取らないことにしています。
ここにきて初めてお茶を飲みました。ああ美味しい。しかし口の中の辛味は取れない。

ーー総評ーー
油断ならない辛味というのは本当です。しかし油断しなければうま辛く食べられる。
CoCo壱番屋で5辛食べる人なら余裕ですね。でも美味しいですよ。

辛いってパッケージだけじゃねえか。そんな詐欺製品でないことは確かです。保証します!!(でも物足りなくても私は何の責任も取りません。

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-カップ焼きそば
-