ポケモンGO

【ポケモンGO】ムゲンふかそうちは2kmタマゴに、ふかそうちは10kmタマゴに。ふかそうちの効率的な使い方

更新日:

ポケモンGOをやりはじめてる@odaiji さん曰く、。

これまでなんとなくたまごの孵化をやっちゃってたんですけれど、ふかそうちは適切に使わないともったいないことになるなあということにようやっと気づきまして。何度使ってもなくならないムゲンふかそうちはふかまでの距離が短いタマゴに、3回使うと無くなるふかそうちは10km、もしくは5kmのタマゴに使うのがお得です。

効率的に使って無駄遣いをなくしましょう。

10kmたまご1個、5kmたまご2個、2kmたまご7個の例

たまご、9個しか持てないので10個の例ってちょっとふさわしくないかとも思いましたが、比較はこの方がしやすいので・・・。
ムゲンふかそうち1つと、ふかそうち1つを併用した場合で考えてみましょう。

10kmたまご1個、5kmたまご2個、2kmたまご7個の例です。

合計距離が34kmになるので、ムゲンふかそうちで17km、ふかそうちで17km分で回すことで効率よく孵化させられる、という考え方を前提にしています。

10kmたまごをムゲンふかそうちに適用した場合

10kmたまごをムゲンふかそうちに適用した場合にたまごをすべて孵化させることを考えると、以下の図のようになります。

2016-07-26_12h44_36

ふかそうち、7回使うんですよねー。ふかそうち1個で3回孵化できるので、3個目のふかそうちに突入するということです。450ポケコインを使う勘定になります。

10kmたまごをふかそうちに適用した場合

10kmたまごをふかそうちで孵化させると、その間にムゲンふかそうちでくるくる2kmたまごを回せますよね。消化の図は以下のようになります。

2016-07-26_12h44_48

なんと・・・。ふかそうちの利用は3回=1個で済みます。先の例の半分以下です。150ポケコインで済んでしまうんですね。

距離の短いたまごをムゲンふかそうちで、距離の長いタマゴをふかそうちで孵化させよう!

レベルアップの時とかにたまにもらえる、または購入したふかそうちを大切に使うなら、できるだけ10km、妥協して5kmと、孵化までの歩行距離の長いたまごを孵化させるのが最も「むだづかい」が無くなる使い方だというのが一目瞭然です。

当たり前といえば当たり前ですが、ムゲンふかそうちのメリットは「何度使っても」こわれないことです。できるだけ使う回数を増やすように運用していきましょう。上記の例でも、たった10個のタマゴの孵化でもふかそうちの利用量が倍以上違うことがわかっちゃいましたからね。

気をつけましょう。

Android端末を使っている人で、Googleでポケコインを買うならPlayカードを用意しておけば、キャリア決済など受けなくても購入できます。
Playカードの使い方はこちらをご覧ください→【Android】コンビニで売ってるGoogle Playカードを購入してチャージする方法

iPhoneを使っている人で、iTunesでポケコインを買うならiTunesカードを用意すれば、キャリア決済を受けずに購入可能です。

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-ポケモンGO
-, , , ,