デジタルカメラ

コンパクトなバッテリー内蔵LEDライトを買ったら物撮りやグルメ取材に便利で手放せなくなった

投稿日:

ブログやライター仕事でブツ撮りや食材撮りをしているときに、明かりが欲しくなることがあります。部屋の明かりだけでは足りなかったり、外光が思った位置から来てくれなかったりするケースがあるんですよね。そうした時にはストロボを使えばいいんですけれど、ストロボの光はパキットしすぎたり、撮影してみないと様子がつかめなかったりするんですよね。

LEDライトを持っていると、取材のとき、物を撮るときにとても役立つのです。あるとき、ちょっと便利な小さ目のLEDライト製品をむねさだブログむねさださんに教えてもらいました。もっと大きなLEDライトを持っていたのですが、そのコンパクトな奴でもちょっとした取材や部屋内での物撮りに使うくらいなら十分満足!ということで今は自宅で取材先で手放せない一品になっています。

購入したのはMOMAN 96LEDビデオライト

教えてもらって購入したのはMOMAN 96LEDビデオライトです。

▼到着したパッケージはコンパクト。
MOMAN 96LEDビデオライトのパッケージ

▼大型スマホと大して変わらないパッケージサイズでした
MOMAN 96LEDビデオライトのパッケージはスマホサイズ

▼本体・マニュアル・USBケーブルと三脚用などの土台(雲台)が。
MOMAN 96LEDビデオライトのパッケージ内容

MOMAN 96LEDビデオライトの操作は簡単

MOMAN 96LEDビデオライトの操作は簡単でした。ほかの大型LEDライトと違ってバッテリー内蔵なのが優秀なところで、無駄な配線や外付けバッテリーの設置がいりません。

▼上面に充電用のUSB-Cコネクターとスイッチがあります。スイッチを少し長めに押せばON/OFF。
MOMAN 96LEDビデオライトのスイッチとUSB端子

▼LED面をうつぶせにして右側面に操作用のスイッチがあります。押し込める上下ダイヤル。
MOMAN 96LEDビデオライトの操作系

▼ダイヤルを押すと、光の明るさと、光の色変更を切り替えられ、ダイヤルでそれぞれの数値を変えます。
MOMAN 96LEDビデオライトの操作系

▼製品についているボールヘッドは、底面が三脚穴のあるストロボシュー形状になっています。
MOMAN 96LEDビデオライトの雲台が便利

▼ストロボとしてカメラが認識するわけではありませんが、良いポジションに固定できますよ
デジカメに装着できる

▼コンパクトな三脚に着けるといい感じ。
コンパクト三脚に装着するのがいい感じ

MOMAN 96LEDビデオライトを使うと卓上の写真も少し明るくなる

作例というほどではありませんが、部屋のそこまで明るくないLED照明が左手にある状態でビールとオリーブを撮ってみました。

▼部屋の明かりだけだとこんな感じ
作例1

▼反対側からMOMAN 96LEDビデオライトを当てるとこんな感じになりました。
右側からMOMAN 96LEDビデオライトを当てた

▼色温度を変えるとこんな感じで変わります。
色温度サンプル

色温度サンプル

コンパクトでどこにでも持っていきたい

グルメの取材に行くときって、取材先のロケーションがわからないんですよね。座れる席が窓際かどうかも分からないし、採光がどの程度かもわかりません。そうした時にMOMAN 96LEDビデオライトがあると撮影時に良いお守りになります。

今時のカメラは少しくらい暗くてもキレイに取れますが、光がうまい具合にぴっかり入るのもキレイですしね。

連続点灯時間は、標準の明るさで2時間弱くらいでした。取材で普通に使うくらいなら問題ないでしょうし、立て続けの取材があるときもUSBで充電できるので、モバイルバッテリーが威力を発揮します。

一台持っていると便利なLEDライトだと思いますよ!

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-デジタルカメラ