酒・飯

【麻婆豆腐TOKYO 神田本店】W麻婆豆腐定食が満足度高し! また行きたくなる専門店 #麻婆豆腐しか信じない

投稿日:

四川料理が大スキです。お友達にも四川や麻婆豆腐に詳しい人がいます。そんな麻婆豆腐の食べ歩きの達人から神田の小川町に美味しいお店があると教えられ、連れて行って頂きました。辛味、シビレ、旨味が揃った麻婆豆腐TOKYO 神田本店はまた行きたくなりますなあ。

神田にある麻婆豆腐専門店

麻婆豆腐TOKYO 神田本店 外観

麻婆豆腐TOKYO 神田本店は、東京の神田にある麻婆豆腐専門店です。僕は移動の都合から、都営新宿線の小川町を降り、A2出口から5分ほど歩いて伺いました。JRや地下鉄がもろもろあるエリアなので、好きな手段で訪れるがよろしかろうと。

麻婆豆腐TOKYO 神田本店の店外メニュー

店外の4種のメニューを見るだけでも麻婆豆腐に対する期待値が上がりますね。

W麻婆豆腐定食(1200円税込)を注文

麻婆豆腐TOKYO 神田本店の昼メニュー

昼メニューでは上の写真の定食があります。初めて来たこともあり、4種類のうちから2種類食べられるW麻婆豆腐定食を頼みました。1つは大辛を選べる東京麻婆。もう一つは暑い日でもあったため、食欲を増しそうなスーラー麻婆で。

麻婆豆腐食べ歩きの友人は、チーズカレー麻婆を大辛にしてもらっていました。これはこれで旨そう。また来たい。

こちらはご飯のお代わりが無料、ザーサイ・スープもご自由に、というスタイルです。

麻婆豆腐TOKYOの旨味を味わう

到着です。

W麻婆豆腐定食

右が東京麻婆、左がスーラー麻婆です。

東京麻婆

東京麻婆は、ラー油や唐辛子の辛味よりも花山椒のシビレの方が強い麻婆豆腐。口の中に気持ちの良いシビレが広がります。あっさりした味付けのひき肉が歯触りのちょっとしたアクセントになりますね。

ビックリしたのは豆腐で、豆腐の味が伝わるんですよね。大豆感のあるちゅるんとしたモノが、確かに口の中で踊っています。麻婆豆腐は辛味やシビレを楽しむことが多く、豆腐と名のついた料理野割に豆腐を味わうことが少なかったのですが、この東京麻婆は豆腐を感じられます。これは新しい発見でした。

スーラー麻婆

スーラー麻婆は、文字通り酸味と辛味を両立させた麻婆豆腐。中華料理にある、お酢とラー油の混ざった辛味を連想して頂ければ、それが麻婆豆腐に上手にミックスされたものだという認識でOKです。

暑い日、食欲のない日、これさえあれば大丈夫。安心してご飯をかっ込んで満ち足りることが出来るでしょう。そんな安心感を与えるスーラーっぷりを味わえます。薬味のネギ・唐辛子がほどよく効いて香り高き爽やかな麻婆豆腐を頂けます。

花山椒のミル挽きに加え、山椒のオイルもあるこちらのお店では、シビ感をカスタマイズできます。じゃんじゃんやってやりましょう。

固めに炊けたごはんも美味しく、あっという間に食べきってしまいました。神田近辺で麻婆豆腐を食べたくなったらぜひこちらを訪れてみてください。オススメですよ。

麻婆豆腐TOKYO 今度は夜に来たい!

夜は「炎魔」という更に辛いメニューも

夜にはもっと辛い麻婆豆腐の「炎魔」があるらしく、さらにその上もあるとか無いとか?

これもまた食べてみたいですなあ!

小川町・淡路町・神田。この3駅からの徒歩は簡単ですので、ぜひぜひ訪れて見てください。辛味や四川が大スキな僕もオススメの一店ですよ。

関連ランキング:中華料理 | 淡路町駅小川町駅神田駅

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-酒・飯