酒・飯

焼き牛丼三国志、最後の将・松屋の焼き牛めしを食べてきた

更新日:

拝啓@odaijiです。

吉野家が焼き牛丼を発売して東京チカラめしに真っ向勝負を挑んだ!

で昔ご紹介したとおり、焼き牛丼で独走しておりました「東京チカラめし」に、吉野家が焼き牛丼を発売して待ったをかけたことがありました。

結果、僕個人の評価としては味も値段も東京チカラめしの勝利で、吉野家撃沈!と思っていたのですが。

と思っていたところに、かつては牛丼界の二大巨頭であった松屋が、焼き牛丼を引っ提げて勝負をかけてきました。

松屋フーズ|牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの松屋をはじめ、とんかつ業態、鮨業態、ラーメン業態、カフェ業態を運営

なぜかWebサイトにはその情報が出てきておりません。
私自身も、職場に近い店舗ではまだそのメニューはなく、東京チカラめしが比較的近くにある別店舗には焼き牛めしというメニューがありました。

今、並は380が290円です。まあでも、チカラめしの価格を考えたら、値段上げられないでしょうねえ・・・。


食べました。

イメージですが、チカラめしの方が肉の量が多かったんじゃないかなあ・・・。味も、なんだかチカラめしの方が上のような気がします。

松屋の紅ショウガは牛丼屋さんでは最も美味しい紅ショウガだと思っていますが、これならチカラめしに焼き牛丼を食べに行くかな、といった感じ。

チカラめし>松屋>>吉野家

が僕の焼き牛丼ランキングです。ほかの食べ物は関係ないのであしからず。

チカラめしの牛丼は、いろいろオプションが入っちゃってますが

こんな感じ。肌艶が違います。


ちなみに、

すき家

すき屋は全然勝負の輪に入ってきません。独自路線なのでしょうか?参入して戦争してくれたら面白いのになー。

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-酒・飯