下北沢 酒・飯

【閉店】下北沢はつくねの聖地だ!「十夢想屋(トムソーヤ)」は行かねば後悔するっ

更新日:

@odaiji さん曰く、。

家から近いため最近入り浸っているコワーキングスペース「BUSHITSU シモキタザワ」ですが、ここが入居しているビルの2階にあるお店が気になっていたんですよね。なんだか「つくね専門店」って書いてあって。
また店の名前がよくわからなくて、十夢想屋と書いてトムソーヤと読むらしいです。

「いやいや、そんなこというてもつくねでしょ?」

って最初は思っていたのですが、BUSHITSUの帰りに行ってみようかなと思ってみたりして。んで、行ってみて、食べてみたら

「おいおいおいおい、美味しいじゃないっすか!あれ?あれ?」

という感触を受けてしまったので皆様にシェアする次第です。嬉しい誤算でした。下北沢で飲みながら鳥っぽいのを食べようと思っている方は、要チェックですよ。

十夢想屋

食べログのお店情報はこちらです。

関連ランキング:鳥料理 | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅

店内は手前側に2人席が3つ、奥側に4人席が2つに2人席が1つ。奥で10人のパーティーならできるかなって感じでしたよ。




美味しい料理たち

まあとにかく、鶏料理が美味しかったんでさあ。
つくねは大山鶏を使い、生の状態から焼き上げるようで、中がふわふわなんです。


▲鶏のタタキです。新鮮すぎるらしく、
早く食べてくださいねっ
とお店の人にアピールされます。


▲鶏レバーの炙り焼き。中の歯ごたえは柔らかく
ゴマ油が効いていて、これはまた来たら食べたい一品。日本酒とこれだけで2時間行ける。


▲お店の一推し、五種のつくねでした。つくねの作りが2種類に分かれていて、コリコリした歯触りのものと、ジューシーなものとありました。生の状態から焼き上げているつくねなので、いったん冷めてしまうと味が落ちてしまうのだそうで。撮影もほどほどにパクつかせていただきました!

上に乗っているタレというか種は、明太子マヨ、辛味噌、チーズ、タルタルソース、ワサビマヨが乗っているそうで。
こりこりのうまさ。ジューシーなうまさ。ハーモニーがゆたかですよ。


▲鶏なめろうの辛味噌のり包み。ネギと辛味噌を和えて韓国海苔で巻いて食べます。安定の味ですね。


▲巻いて食べるとこんな感じ。韓国海苔、辛味噌、ネギ。すべてがマッチします。これも日本酒のアテには良いですねー。お土産で持って帰りたい。


▲これまたべらぼうに美味しかった、月見つくね。メニューの写真を見たとき最初に食べたいと思ったのはこのつくねなんですよ。
このつくねも製法が選べて、コリコリでもジューシーでもない、ヘルシー(野菜ベース)にしてみました。卵の黄身が濃厚で素敵すぎます。


▲濃厚な卵の黄身を潰してつくねの先につけ、口にするときのハピネス!

日本酒の種類は少ないがいいものがあった!

お酒はビール、ハイボール、カクテルが中心かと思われます。山崎ハイボールなんかは用意してくれてましたね。

しかしながら日本酒ではなかなかの一品が。

僕が三杯目に飲んだお酒だったのですが、

▼ワイナリーが醸造した日本酒「ソガ ペール エ フィス」が、なんと置かれていたんです。純米吟醸原酒・生酒・長野県産美山錦利用、精米59%、度数17%というスペックでした。

これが、なかなか。
専業の酒造さんが丹精込めて仕込む日本酒はもちろん尊いです。でも、こうして他のお酒を作れる方々が参入してくる気構えは立派だなあと思いました。

味は白ワインに近い香りが立っていて、濃いめの料理に負けない雰囲気を醸し出していましたな。

また是非行きますよ

とにかくつくねは絶品でした。美味しくてそればっかり食べてしまったから、普通の焼き鳥を食べ損ねたくらいです。

でもまた行くときは、またつくねに走ってしまうんだろうな。
生から焼き上げるからこそのフワフワとした歯触り、一度味われることをお勧めします!

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-下北沢, 酒・飯
-,