「するぷろユーザーミーティング」の開催をお手伝いしてきました #するぷろ

@odaiji さん曰く、。

敬愛しているブロガー・するぷさん( Twitter:@isloop )が、彼の開発したiPhoneによるWordPressなどのブログ更新用アプリ「するぷろ」「するぷろ X」「するぷろーら」ユーザーと対話するためのイベント「するぷろユーザーミーティング」の開催をお手伝いして参りました。

するぷさんが望む「あまり堅苦しくない、コミュニケーションの取りやすいイベント」が開催できて一安心です。

およその目安は色々狂いながらも楽しい時間が過ぎる

P6630670

今回はおよそ3時間のイベント。

最初の1時間でするぷさん、あかめちゃん(twiter: @mk_mizuho )、OZPAさん(twitter: @ozpa )が話し(各20分)、軽く質問コーナーを加える。

その後の2時間くらいは懇親会という形で、自由に話す時間を作ろうかという感じで進めて降りました。

まあ、するぷさん、あかめちゃん、おつぱさんそれぞれステキな時間配分を頂いた上(笑)、質問時間も長めに取ったりしたことから、懇親会の時間が削れていったのですけれどね。それは想定の範囲内です!

するぷさんはするぷろXの様々な素晴らしさを語ってくださいました。検索エンジンが読みやすいHTMLに、良い感じに変換してくれるHTMLクリーナーなんて機能があるの、初めて知りましたしね。

あかめちゃんは自分にとってのモブログを語っていました。あかめちゃんとは、最近開いてはいないもののiPhone Blog Cafeなんてイベントを開催していたこともあることから、どういう経緯か、何が便利か、などこれまでにもいろいろお話をしていましたよ。
ですので、そんな思いを再確認するような形でお話を聞くことができました。

写真 2015-07-26 14 48 19

ボトムスのベルトを装着し忘れてゆるゆるパンツだったOZPAさんは、

「モブログで簡単にブログが書けるといったからって、低品質なブログを量産すれば良いというものではない」

という考えのもと、写真にフォーカスを当てたお話をしてくださいました。

「クオリティを上げるには『お金』か『手間』を書ける」

という名言も残し、さすがのエンターテイナーぶり。最後の質疑応答でも巧みに同学年のするぷさんをいじり、参加者の皆さんと楽しいトークをしてくださいましたよ。

OZPAさんが会場にいると、司会の立場はとても楽です。任せておけるから。

伝えたいことがある人のイベントは作りやすい

以前、ラクガキ画伯のタムカイさん(twitter: @tamkai )の「ハッピーラクガキライフ」というイベント運営を最初にお手伝いしたときもそうだったのですが、伝えたいこと・目的・参加者の皆様にお持ち帰り頂きたいことがはっきりしている方のイベントをお手伝いするのはとても楽しいんです。

僕がイベントのお手伝いをするのは、

「主催者が伝えたいこと、自分のコンテンツ作りに集中できるようにするため、周囲の雑務をざっとこなす」

ことが主になっていることもあるんですね。「自分はなんとなくこれが得意だからイベントしたいけれど、着地点が分からない」という方のお手伝いをさせていただく場合は、自分が第一の参加者としてお話を聞くなどして、何が持ち帰られたら楽しいかなと考えるところから始めますから。それはそれで大切なことだし、僕のイベント主催サポート業務の大切な項目の一つだとは思っています。

まあ、するぷさんやタムカイさんのお手伝いをするのは、とてもやりやすかったということです。

懇親会は、いろいろ絡めたんじゃないかな

僕自身は黒子で良いので懇親会では、とにかく普段ブロガーさんなどと話しなれていなさそうな方々を、するぷさん・あかめちゃん・OZPAさんにアタックさせるようそそのかし続けていました。聴いてみたら「ちゃんと話せました!」との声も聞けましたので、ある程度はコミュニケーションを取ることが出来たのかなあと思います。

懇親会のケータリングはやっぱり難しい

数の調整が難しいですよね。足りなさすぎると喉が乾いていたり、変におなかが空いた状態になってしまって、会話に集中出来なくなってしまいます。それよりは余らせる方が湯良い位なのですが、それはそれで後処理が大変になったり。

ケータリングでご用意しましたサンドイッチの量は、もう少し増やしても良かったかも。

また、缶のアルコール飲料は、今回は全人数×2.5本弱くらいを用意したのですが、1.5時間くらいの懇親会だとこのくらいでちょうど良かったかもしれません。内訳は6割がビール系、4割がカクテル・チューハイ系のドリンクです。

ソフトドリンクは約24人で1.5リットルのペットボトルを3本用意しました。これはちょっと少なかったですね。あと1、2本あっても良かった。次はまたうまく調整しよう。

「またやりたい」の声に僕が直接応えることはできないけれど

楽しかった!とおっしゃってくださった方がいらっしゃったのがとても嬉しかったです。
また開催するかどうかは、するぷさんにおたずねしてみないと分からないけれど、ご希望があれば、僕から「やろうよ」とおねだりすることまではできると思います。

もし、するぷろユーザーミーティングに参加したいという方がいらっしゃいましたら、是非リクエストをくださいね。多ければ多いほど、僕のお願いのモチベーションが上がります。上がっても開催に直接結びつかないけれど。

イベントの様子をハッシュタグ付きでツイートしてくださっている方も、ハッシュタグを追って外部から様子をうかがってくださる方もいらっしゃって、モブログをする方にはアピール出来た会だったかもしれません。

また出来るといいですね、するぷさん!