LINEで送る
Pocket

三重県大台町で2016年11月23日に行われるブロガーサミットへご招待された@odaiji さん曰く、。

三重県多気郡大台町の素晴らしい場所・企業・取り組みをブロガーが展開するためにご招待され取材をしています。11月21日にお邪魔したのはナチュラルウォーター「森の番人」を販売する有限会社 森と水を守る会。代表取締役・門野正信様にお話を伺って参りました。水に対する愛情や大台町を走る1級河川・宮川の誇りが良くわかりましたよ。

伊勢志摩サミットで使われた引用水は地元・三重県のナチュラルウォーターだった

2016年5月26日・27日に開催された伊勢志摩サミットは連日報道され、各国首脳が下の画像のような感じで打ち合わせをしていました。

この写真に登場しているペットボトルの水、地元三重県は多気郡大台町にあるナチュラルウォーターの「森の番人」です( サミットで提供された飲料・軽食(PDFファイル))。飲んでみると確かに口当たりが優しくてなんとない甘みも感じ、水に詳しくなくても美味しい水だなというのがわかるんですね。地元の商工会館でも来訪者が自由に飲めるこの美味しい水を販売している、有限会社 森と水を守る会にお邪魔いたしました。

ガロンボトルは美味しい、ペットボトルはもっと美味しい

ガロンボトル

同社では、業務用途などに適したディスペンサータイプ(10リットルを超える大きなボトルを設置するタイプ)と、ペットボトルで水の販売をしています。このディスペンサータイプのボトル(ガロンボトル)の水は工場近くの水源の井戸から、ペットボトルの水は山中の湧き水から得るんだそうですよ。

門野社長がおっしゃるには「成分にはほとんど違いがありません。ただペットボトルの水のほうが美味しく感じられているようです」とのこと。気になる方はペットボトルを買い求めた上でディスペンサーのある場所を訪れ味の違いを試してみると良いでしょう。

僕は同時に味わうことができなかったので比較できませんが・・・。両方美味しかったですよ。

「湧き水から取るペットボトルは、一雨降ると3日は汲めなくなってしまうんでうすよ。井戸から得るガロンボトル用の水は地中深く染み込んでいる水なので雨が降っても水の品質には関係ないんです」。

なるほどなるほど。だから井戸水から取るガロンボトルは「業務用」として使いやすいんですね。

森の番人を使った美味しいお米の炊き方がある

ナチュラルウォーター

自宅で森の番人を用意できるかどうかわかりませんが、少なくともナチュラルウォーターで試してみたいなと思わせることを門野さんが教えてくれました。

お米を炊く際に、

・まず森の番人をお米に30分程度以上よく吸わせる

・お水を捨て、水道水などでお米を研ぐ

・最後に、森の番人でお米を炊き上げる

こんな手順でお米を炊くと、古米でも新米並の味わいを手に入れられるほど美味しく炊けるんだそうです。

なるほどなるほど。お米を研ぐ作業は水を吸わせる前に行うと、その水を米が吸ってしまうんですね。

まずお水を吸わせることでお米を研ぐさいに水道水を吸わないようにするっていう工夫なんですね。これは家に帰ってからすぐにでも試せそう。やってみるしかありませんね。

森の番人を使った素敵なプロダクトがあるっ

宮川の恵みを頂く森の番人ですが、ちょっと違った形で味わうことができるのはご存知でしょうか?そんな例をご紹介します。

OEMで業務用天然水が売られている

http://www.aquaselect.jp/

ウォーターサーバー天然水安さNo,1のアクアセレクトという天然水は、実は森の番人のOEMだそうです。

「これが売れることはとてもうれしいことなので宣伝して下さい!」と門野さん。

森の番人を「仕込み水」として作られている日本酒がある

http://www.abusyou-hatsuhi.co.jp/

美味しい水を最大限に活かすプロダクトの一つが日本酒であることは、そんなに反論する人はいないのではないかと想います。

油正(あぶしょう)という酒蔵のお酒で、森の番人を仕込み水に使っているものがあるそうです。大台町の酒蔵ではなかったので今回のツアーで立ち寄ることはありませんが、一度飲んでみたいものですね。なんでも、さらっとして味わいで飲みやすいんだそうですよ。

そうそうこの記事を執筆している翌日は大台町の酒蔵を訪れる予定です。これがまあ、楽しみ!

東京でも意外な所で使われている・・・飲んじゃだめ!

http://www.tokyodaijingu.or.jp/

東京のお伊勢様・東京大神宮をご存知でしょうか。ここの「御神水」はなんと、この水らしいですよ!

御神水は飲み物ではありません。周りを清めたりするための水なのですが、そもそも宮川は伊勢神宮の禊川(みそぎがわ)と言われている、祓い清めるには必要な川。東京大神宮でも同じ使い方になっているのですね。

飲んではいけませんが、同じ水に出会えるっていうことには間違いありませんね。

まとめ 清らかな美味しい水

森の番人はおいしい

伊勢神宮にも大きく関わっている、しかも飲んでもとても美味しいナチュラルウォーター・森の番人。

OEM製品のアクアセレクトでも美味しく飲めるので、大台町だけでしか飲めない幻の水、ということでもなさそうです。「常温で飲むと味の良さがわかりますよ」という門野さんの言葉を信じ、キンキンの冷!よりも身体に優しい常温を試してみて下さい!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。