ThinkPad

ノートPCにSIMを挿入して本体でデータ通信させる環境を作った!超便利!

更新日:

20150823_135819_R

アンテナを確認する

Thinkpadが到着しました。すでに3Gのモジュールはヤフオクで購入済み。アンテナがあれば幸せに装着でき、なければアンテナをどうにかするしかありません。このアンテナも電波法がからむはずなので、Thinkpadオリジナルのものを買わないと危険なはずなんです。はず。ですけれど。調べるとThinkpadオリジナルのアンテナもあるはずです。調べてませんけれど。

裏蓋を外して3Gのモジュール挿すところを見てみました。裏蓋を外して作業するときにはバッテリーが通ってない状態にしないとおもわぬ故障の可能性があります。BIOSから内部バッテリーのオフを行うなどして対処しておきましょう。

で、見てみると・・・。
20150823_145127_R

・・・あったよあった!アンテナ線あった!これで3Gが使える!

モジュールの装着は簡単です。

まず上の方のねじを外しておき、

端子をスロットに斜めに挿して押し込んでから寝かせ
20150823_150247_001_R

ねじを締めます。
20150823_150327_R

で、アンテナの先端の丸い部分を基盤のぽっちに押し付ければOK。
20150823_150537_R

あとはドライバーのインストールです。
ThinkPad Ericsson N5321 Mobile Broadband HSPA+ - Overview and Service Parts - Lenovo Support (US)←こちらからドライバーのダウンロードはできるのでインストールすればOK。

あとはThinkpadのSIM入れるところにSIM入れて、Windows上から設定すればOKです。
マイクロSIM対応のトレイでしたので、nanoSIMを持っている方はアダプターが必要。しかも下向きなので、アダプターとSIMを両面テープで固定するなどの小技が必要になりますね。

20150825_181225_R

20150825_181229_R

設定はチャームのワイヤレス通信の当該部分をクリックしていくとAPNやユーザー名・パスワード・認証方法を選ぶところが出てきますので、適宜入れればOK。BIC SIMの場合はパッケージに書かれている通りの内容でまったく問題ありませんでした。LTEも3Gも関係なさそう。
2015-08-24_15h53_56_R2015-08-24_15h48_37_R

認証方法は「PAPまたはCHAP」みたいに書かれていることが多いのですが、Thinkpadの設定ではどちらかしか選べず。CHAPでやったら接続しました。

次のページ、パソコン本体だけでデータ通信できるって、すっごい楽!

次のページへ >

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-ThinkPad
-, ,