酒・飯

現代の正月、手頃なサイズの名店おせち料理を購入するのはアリだ。

更新日:

@odaiji さん曰く、。

おせち料理って地方や家庭によってさまざまですよね。離れた土地のカップルができて新しい家庭を築くと、またあたらしいおせちができるのかな、なんて思ったりもするんですが、正月から開店している外食店がこの10年くらいはとても多くなってしまい、わざわざ正月のあいだ同じ料理を食べたいなんて思わない、なんてところも出てきたりして。

それでも。

名店が発売してくれるおせち料理を元日に食べる、なんていうのは風情があっていいものだなというのを日本料理の老舗「なだ万」さんのおせち料理を食べさせていただいて感じたりしました。なだ万さんは1830年に創業した料亭の老舗で、最近はなだ万厨房という親しみやすい価格帯でおいしい食材を提供してくれるようになっています。このおせち自体は「なだ万厨房」ブランドではないですが、そういったノウハウが込められて、手の届く価格帯でおいしいおせちが食べられるようになっているんですね。

このたびブロガー・ライター・モデル・無職(?)を誇る才色兼備の中野晃子さんのお誘いで試食させていただきました。

冷蔵庫内で24時間かけて解凍する「冷凍おせち」

なだ万さんではオンラインで販売をされているようで、冷凍技術の進化から、正月の二日前に到着。冷凍で保存しておきつつ、食べる時刻の24時間前に冷蔵庫に入れて、冷蔵庫内で24時間かけて解凍するという仕組みらしいんですね。

冷凍で保存しておけば正月7日まで持つらしいので、大晦日から正月にかけて旅行や帰省をする方も安心できるようになっていますな。

今回は、あらかじめ24時間かけて解凍されたものを出していただきました。

一段重で3人前がきっちり詰まっている

いや、きっちり詰まっていますよ。

今回試食させていただきましたのは多久味と呼ばれるもの。下記リンクから詳細や購入が可能です。

【全国配送】 <冷凍> おせち 【多久味】(たくみ)(3人前)  : オンラインストア | なだ万

18種類入っています。
P6670247

紅白小袖蒲鉾
伊達巻
海老芝煮
数の子鼈甲漬
黒豆
紅白千代呂木
田作り
貝柱雲丹和え
紅白なます
結び昆布
栗金団
いくら醤油漬
ローストビーフ(タレ付き)
蟹生姜煮
干椎茸甘露煮
紅鮭昆布巻
鰈西京焼
帆立生姜煮

豪華じゃないですか。おせちのそれぞれの食材には幸せを願うさまざまな意味が込められているものですが、18種類の幸せが入ってくれば今の世の中、十分でしょう!

黒豆が甘すぎなくてよかった!

個人的には甘すぎる黒豆が苦手なんですよ。それが甘味がきつくなく、ひょいひょいパクパクとペースよく食べられてしまうのがとてもよかったです。

P6670253

今回のおせちに入っている中では黒豆・栗金団・伊達巻が甘い食べ物だったわけですが、それらが甘すぎなかったためすうっと食べることができました。

海のものもうまい

海のものもおいしかったです。とりわけ良かったのはエビ。

P6670288

僕はおいしいと思ったエビは殻ごとばりばり食べちゃうんですけれど、これはがっつりいけるやつでした。

そして、数の子鼈甲漬(べっこうづけ)
P6670289

たくあん漬けのみりん漬けみたいなもんですよね。自分の家ですと塩抜きだけして、おかかをかけてわさび醤油で食べるのですが、こういう漬けな数の子は新鮮でした。

数の子は子孫繁栄を願っているそうですね。僕嫁さんいないけれど数の子大好きです!

自宅ではローストビーフを食べる習慣がなかったので、おせちにローストビーフが入っているのも新鮮でしたね。
P6670268(1)

たれをかけているのは中野さんです。

P6670284

ちょうどよいサイズに切られているし、3人程度で食べるには十分な量でしたよ。

鰈(カレイ)西京焼

P6670286

塩分が控えめで白身魚のうまみが活きていました。いったん冷凍されたとは思えない味わいでしたよ。

全部で18品目あります。普段口にしないものも食べられる良いチャンスではないでしょうかね。

お子さんのいないご夫婦が正月気分を味わうのにベターと思った

P6670249

冒頭でも書きましたけれど、最近の世の中は3が日ずっとおせち料理を食べ続ける、っていうほどがっつり「お正月」しない家庭も多いと思うんですよ。

特に夫婦ともに働いていてお子さんがいない、スモールお正月でいいや、と思っておられるカップルなどは、おせちを作る手間暇をかけることなく、楽しむべきことを楽しんで、しっかり名店の味で正月の雰囲気を味わうというスタイルもしゃれていると思うんです。
冷凍されたものを24時間かけて解凍するわけですから、食べたいタイミングをしっかり考えられますしね。

この多久味は16,200円(税込)。帰省や旅行もしっかりして、正月気分で名店の料理をすこしだけ贅沢をして食べ、少し余るようなら寝しなのお酒のおともにする。

そんなスタイルで食べるのも良いのではないかなって思いましたよ!時代劇のお正月のシーンでも、名店のおせちを取り寄せて食べる、なんてシーンもありましたし、今だからってことでもないですしね。これが冷凍で全国配達されるんですから、やってみる価値大!だと思うわけです。

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-酒・飯
-