酒・飯

湯豆腐が90分180円で食べ放題!原宿の串カツ屋「楽市」

更新日:

原宿をぶらぶら歩いていたときに魅力てきな看板を見つけてしまったんです。

「湯豆腐食べ放題 90分180円」

1,800円じゃないですよ。180円!

その日は別件があって行けなかったのですが心に残って仕方なく、日を改めて湯豆腐食べ放題の店「楽市」さんを訪れました。湯豆腐たべ放題が通年のものか冬季限定かは確認し忘れましたが、全体的にリーズナブルでお手軽にお酒も飲め、居心地の良いお店でしたよ。

原宿駅竹下口の目の前にある楽市

楽市のロケーションは非常にわかりやすいです。原宿駅の竹下口を出て信号を渡り、竹下通りを正面に見て右手のビルの3階です。立地最高。

庶民的な風情のあるお店です。

ワンドリンクに串カツ3本(+お通しのキャベツ)で388円という格安セットもあります。お財布に優しすぎる…っ!

何はともあれ、湯豆腐の食べ放題を頼まずにはいられません。一緒に頼めるものに、豚肉のしゃぶしゃぶセットが399円でありましたので、これも注文してみました。

豚バラが8切れほど入っていて399円というのも安いのですが、湯豆腐の価格と比べると2倍以上。高いのか安いのか、価格感がわからなくなってきました。

楽市では本当に湯豆腐食べ放題だった!


出てきた湯豆腐は白菜やネギらと一緒になっているもの。おそらく1丁くらいの量を10切れほどに切ってくれているのでしょう。

ガスボンベを使ったコンロで温めて食べます。

小皿には大根おろしの入っているポン酢が。ポン酢はテーブルにも調味料として置いてあるので食べすぎても安心です。

出汁が沸騰してくると、クラクラクラクラという音とともに豆腐が小刻みなダンスを始めます。こうなればあとは美味しくいただくだけです。ポン酢につけて、七味をちょいと振って、口を軽く開けてハフハフと空気を取り込みつつ豆腐をいただきます。

よくよく考えてみると、豆腐の入っている鍋はいろいろ食べていますが、湯豆腐として豆腐鍋を食べたのはずいぶん久しぶりな気がします。主役が豆腐で、鍋の中の豆腐を見つめ、食べごろを見計らって食べる。

食べ終わる頃に店員さんを捕まえて

「湯豆腐のおかわりをください!」


程なくして、また10切れくらいの豆腐を鍋に入れてくれます。出汁が少なくなればそれも足してくれましたよ。出汁はうっすら昆布でしょうか。ポン酢で食べるか醤油で食べるかしかないのですが、なぜでしょう、まったく飽きることがありません。豆腐すごい。

店員さんに聞いてみたら10回くらいお代わりをした猛者もいるんだとか。この日の僕らは2人でお代わりは3回でした。

湯豆腐に入れるオプションを楽しもう


湯豆腐に入れるオプションがいくつかあります。この日頼んだのは豚肉のしゃぶしゃぶと野菜セットです。豚はおそらくバラ肉のスライスで、グツグツしている鍋に入れてちょいと泳がせると、ピンクの身が薄茶色に変わっていきます。これもポン酢や唐辛子で食べるとああ、美味しい。

野菜は栄養バランスのために必要ですね。エノキダケなんかもあって、歯触りも楽しめるセットでした。

それぞれ399円。やっぱりお安いです。

あ、お通しに出てきたキャベツを鍋に入れましたけど、これもうまかったなあ。鍋からだして、お通しとしてついてきた塩昆布を茹でたキャベツに乗せて食べるの。これも幸せです。

全体的にリーズナブルで注文しやすい

メニューをいろいろみてみましたが、ドリンクは380円〜490円くらいのものがほとんど。ビールもハイボールもホッピーもその価格で行けるのでお財布に優しいですね。

料理は、この日は湯豆腐中心のためそう多くは頼まなかったのですが、鳥の唐揚げのタルタル、鶏皮ポン酢、イカゲソの醤油バター焼きなど、お酒の進むメニューがいろいろあります。


イカゲソを醤油とバターで焼いたやつとか


チキン南蛮風な、タルタルの乗った唐揚げとか、これをそう高くない価格でした。


串カツはこんな価格帯。リーズナブルです。
注文しませんでしたが、これは次回の楽しみに取っておきましょう。

2人で行ってお酒は2杯ずつ。わりと満足した2時間ほどの時間を過ごし、2人合計で5,000円を切る飲食費でした。これは安いですね。原宿の一等地で飲食しているとは思えない安さでしたよ。

一点突破、だから楽しい

湯豆腐の食べ放題って珍しくないですか?豆腐専門店はあまり行かないのでわかりませんが、僕はたぶん、この楽市さんが初めてです。こういう一点突破、楽しいですよねえ。お店の売り上げ大丈夫なんだろうか。

周りのお客さんも学生さんっぽい人から社会人っぽい人まで様々でしたが、みなさん気楽に楽しんでいる雰囲気がありました。

お店の方のご対応も気さくで、でも無礼なことはなくて、とても良い塩梅の距離感。タバコの煙が大丈夫なら訪問の価値あるお店ですよ。

湯豆腐食べ放題を楽しみ記事を書いているのが2020年の2月。暑い時期に湯豆腐をやっているのかはわかりませんが、これはまた食べに行きたいと思える良いお店でした。

湯豆腐食べ放題、冬だけなのかな…。今度いった時に聞いてみることにします。

沸騰した鍋

たゆたう豆腐

食べすぎても罪悪感のない湯豆腐がお酒をゆっくりと楽しませる

楽市

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-酒・飯