Windows パソコン 写真

Windowsの画像キャプチャーソフト「Screenpresso」をインストールしていたら、Windows8のModern User Interfaceも範囲指定してキャプチャーできた #twBlogMTG

更新日:

拝啓@odaijiです。

Windowsで画像のキャプチャーと簡単な編集を行うならScreenpressoがホントに便利

熱心な「明日やります」ファンの皆様ならお分かりのことかと思いますが、私はWindows環境でブログを書いています。んで、画面のキャプチャーを取ったりするのは▲のScreenpressoを使っておるのであります。

で、ブログを書くマシンをこの間Windows8にアップグレードしました。アップグレードしたことは記事にはしません。だって興味ないんだもん。

いわゆるアップグレードインストールなので、これまでの利用環境を引き継いでくれます。
その中で、Windows7時代にインストールして便利に使っていたScreenpressoがWindows8の画面でも便利に使えることがわかってちょっとうれしくなりました。

二つの画面

Windows8には、二つの画面があります。

▼Modern Interface

▼従来のインターフェース

です。

従来のインターフェースですとこれまでのWindowsと同様のアプリケーションを同様に使うことができます。「スタート」のボタンはなくなってますから、このあたりの操作感は変わってますけれどね。

で、Modern Interfaceのほうなんですが、操作体系が全然異なるんです。何かしらブログネタにはなりそうなものなんですが、まず画面キャプチャーからどうしようかなというレベルでした。

Screenpressoが効くとは!

で、Screenpressoをインストールすると、「PrtSc」キーを押すことで、「指定領域のキャプチャー」ができるようになるんですね。

よくある、対角線を指定することで、その長方形部分がキャプチャーできる、あれです。矩形選択とかとも言うかな。

で、これがModern Interfaceでも使えることが偶然分かったのです。わーい。

ただし

ScreenpressoはModern Interfaceのアプリではない

ため、スクリーンショットを取得すると一旦従来のインターフェースに戻ってしまいます。
もしModern Interface上で画像編集を行いたいのでしたら

こんな風に、Modern Interface専用のSkithなどで編集することが可能です。


ということで、これからはWindows8の新しいインターフェースについてブログに書くための準備ができたような気がしますよ、と。

気が向いたら書きますのでそこそこ楽しみにしていてくださいー。

▼Screenpressoのダウンロードページはこちらです。フリーエディションでいいよ。

Screenpresso - 最高のキャプチャソフトがすぐ手に入る

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-Windows, パソコン, 写真