ボクシング

12/4 亀田長兄の防衛戦(統一戦)は正直期待してない。

更新日:

拝啓@odaijiです。

第8回東日本大震災チャリティーマッチ「亀田祭り2012」開催 | 亀田三兄弟 公式サイト

12月4日は東日本大震災チャリティーマッチとして、亀田長兄のWBAバンタム級王座統一戦が行われます。
統一戦というのは、本来の王者(正規王者)と、正規王者が怪我をしたのちに団体が暫定的に認定した王者が、正規王者の怪我からの復帰後にタイトルを集約するために行われるものです。

WBAという団体は興行を優先させるため、ちょっとした怪我ですぐに暫定王者を立てるため、一部ファンには不評を買っていたりもします・・・。

さて、この亀田戦、亀田長兄は正規王者の立場として、暫定王者のウーゴ・ルイス選手と対戦します。
「史上最強の敵、現る」というキャッチコピーが書いてありますね。

駅貼のポスターもこんなあおりで、長兄の顔面が傷ついている写真と、ちょっとしたピンチを煽っています。

では、この対戦相手・ウーゴ・ルイス選手の戦績を調べてみることにしましょう。
ソースは「BoxRec」です。

▼BoxRecのウーゴ・ルイス選手の個人戦績ページ
Hugo Ruiz : Boxer

・1986-09-21生まれ、26歳。プロボクサーとして伸び盛りですね。
31勝 (うち28KO)1敗(うち1KO負け)、KO率は87.5% KO率は高いです。

対戦相手を見ると、実績が少なく、それほど負けていない選手、もしくは勝ったり負けたりの選手相手のKOが多いようです。強豪と渡り合っての勝利はないとみていい。
KO勝ちの実績を作るためのカード編成をすることがあるので、こういう戦績があんまりあてにならない、といったところですね。

強豪強豪と煽ってはいるし、KO率も高いですけれど、正体不明、というのが正直なところです。


9分12秒あたりのカウンターの右アッパーは軽打ながらうまくダウンを取りましたね・・・。

まあ、見た限り弱い相手・実績のない相手で積み上げたKO率なので、結局長兄の対戦相手のあおりとしてちょうどいい存在、という見方しかできなさそうなんですよね。
ということで、勝っても負けてもどうでもいいから、テレビは見ないだろうなあというのが結論。

まあ頑張って防衛してください。


やっぱり西岡vsドネア戦の興奮には程遠いですわ・・・。

【プロボクシング】10月14日放送の 西岡利晃vsノニト・ドネアの一戦は、今年の日本人ボクシング最高峰!見逃すな!!

【ボクシング】いよいよ日本時間の明日ゴング!西岡頑張れ! 直前情報あり!

【ボクシング】西岡、ドネアに9回TKO負け

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-ボクシング