blog

大掃除の季節だけに、SNS連携も棚卸しておきましょうか。

更新日:

拝啓@odaijiです。

流し読み

使わないSNS連携は削除しておこう

連携している事業者側が「善意の事業者」だけとは限らない

12月ですね、大掃除の季節ですね。僕はSNSの世界に飛び出してきたのが今年初めてなので、初めての年末を迎えます。
物理的な大掃除は面倒くさがるタイプなのですが、SNSの整理はすこしやっておきたいなと思っているところです。

SNS連携を確認しておこう

今はアプリケーション間の連携が盛んですよね。画像投稿サイトに投稿した際にTwitterで自動送信してくれるとか、ブログを更新したらFacebookに更新内容を投稿するとか。

こういう「大きな」ところはとっておくとしても、見直してみると「アプリケーション連携」、あれ?こんなの連携してたっけ?というのも出てくると思います。

Twitterの例ですと

▼ここの「設定」から・・・

▼画面左の「アプリ連携」をクリックしましょう

スクロールバーのつまみが小さいなあ俺。どんだけ連携しっぱなしなんだ。

また、Facebookの例ですと

▼プライバシー設定から

▼広告・アプリ・ウェブサイトの「設定を編集」をクリックし・・・

▼利用しているアプリ の「設定を編集」をクリックする・・・

▼やあれ、いつの間にか、使っていないアプリ連携が溜まってる・・・かも?

と、こんな感じですね。TwitterもFacebookも、使っていない連携はばしばし削除していきましょう。

アプリケーション連携が残っていることのデメリット

まあこの欄がなければただの「整理整頓」なわけで。

アプリケーション連携っていうのは、

よその会社に、あなたの名義でのメッセージの投稿を許可する

ということがおもに行われているわけですな。

SNS連携による「なりすまし」注意報 | web R25

FacebookやTwitterの連携機能に注意 : サイバー護身術 : セキュリティー : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

こんなニュースを見てもらうとわかるのですが、ぽつぽつと「自分の身に覚えのない投稿が、自分のしらないうちにされている」という事案が出てきているようです。

・とても悪意のある会社ですと、最初は善意のservice見せかけてアプリケーション連携をしておいてもらい、その連携を悪用して迷惑な行為をするということ。

・また、アプリケーション連携を果たしている企業を買い取った会社が、後付で迷惑な行為をしてしまうこと。

こういうところに気を付けつつ、使っていないアプリケーション連携は削除してしまうのがいいでしょうね。
うっかり、大切な連携を切らないように気を付けてください!

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-blog