お菓子

KABAYAから発売のチョコ「禁断のラムネ」が、どこからどう見てもラムネなので食べてみた。

更新日:

拝啓@odaijiです。

このエントリーの流し読みっ!

・どうみてもラムネの外見。でも「チョコレート菓子」だと?
・3層構造になっており、表層と芯でラムネらしさを演出!
・トータルで何ともいえない不思議な味だ!まあ一度!!

▼みてよこれ。
DCIM1110_R

これ、どう見てもラムネのパッケージじゃないすか。

でもね、チョコレートらしいんすよ。む?む?

ってことで、買ってみました。

パッケージ。左下には確かに「チョコレート菓子」とあります。
食品○○法?商品○○法?上では確かにチョコレートなのでしょうな。

▼裏を見てみます。

DCIM1111_R

ふむ。三層構造になっているようで。

表面にラムネ風味パウダー
二層目に、ラムネ風味のチョコレート
芯の部分に新食感ボール

ですって。芯の部分、ボールなのはわかったがどんな食材かわからない。なによこれ。
さわやかな風味とサクほろ食感がクセになるとな。ふーん、ああそう。

さらに

「この製品は、落花生を使用した設備で製造しています」

・・・イミフです。落花生を製造とか加工とかじゃなくって、落花生を使用してるの?
設備が落花生でできているの?

一袋38グラム中、204Kcalの炭水化物24.1グラムです。まあチョコなんだからこんなもんでしょ。
まあ、これ以上見てても謎しか出てこないので、食べてみようじゃありませんか。


開封。ラムネのにおい。ガリガリ君ソーダの匂い。
ガリガリ君のフェイシャルシートと同じ匂いがします。

▼粒はiPhone5のアイコンより二回り大きいくらい。
DCIM1112_R
いただきまーす。

むむむ。
表面は確かにラムネ風味パウダーだ。これは飴の外側にもついていそう。うん。わかる。

▼割ってみた。

DCIM1113_R

二層目のラムネ風味チョコレート。ミルクチョコじゃあないな。練乳風味といおうか。たまに見かけるソーダ味のアイスの、白い部分の味というか。これで通じるといいんだけれど。

そして芯の部分の「新食感ボール」
表面を舐めていても味はしない。
奥歯で軽く噛めばぼそぼそぼそと崩れていく。そして広がるラムネ味。でもヒンヤリはしていないんだねえ。ああ、このぼそぼそが炭酸を表現していると考えればいいのかな。

で、改めて一個丸ごとかじってみると、二層目のチョコが全面に出てきつつ、芯の新食感素材と表面のラムネ風味パウダーが合わさって、足し算で「禁断のラムネ」になってしまう。

禁断さはよくわからないものの、見事にラムネ味のチョコになっているぞ。

はたして自分は何を食べているのだろうか?

そんな疑問を持ちつつ難しい顔をして食べてしまってますな。悩ましい。

いやーん、かばやーん。って感じの不思議チョコでした。

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-お菓子