酒・飯

吉野家の限定発売『牛タン麦とろ御前』が美味かった

更新日:

2020年6月18日から牛丼の吉野家では牛タンを使った『牛タン麦とろ御前』(税別868円)を発売しました!数量限定ということで、早速食べに行ってきましたよ。

5枚の大きめなタンがお出迎え

お店に入ると、通常のメニューとは別の用紙で宣伝が入っています。数量は分からないものの限定ということなので、一時的なメニューだからかもしれませんね。早速注文。

たぶんですけれど、注文してから焼いてくれているようでした。

出てきたのは5枚の牛タンが入った鉄鍋、麦飯、味噌汁、おくらと味噌汁。

上に青ネギの輪切りが乗り、タレは塩ダレベース。ネギやニンニク、レモンのような柑橘系が効いています。

麦飯+とろろ+牛タン=ヘヴン

麦とろご飯が食べられるので、ご飯にとろろをかけ、そこに牛タンをオンしていただくことにしましょう。

うん。美味い。これも相性の良いとろろと麦飯のコンビが、牛タンを優しく迎え入れてくれます。かかかかっと箸が丼を鳴らし、あっという間にご飯と牛タンは僕のお腹の中へ。うん、これは天国ですよ。

ボリューム感は違うけれど、僕が好きな牛タンチェーン店になぞらえて

ジェネリックねぎし

と名付けさせていただきましょう。

もう少し牛タン欲しかったかなー。別途牛皿を頼んでしまいました。

牛タンを食べ終えたあとの塩ダレに牛皿の肉をつけて少し爽やかめにし、これでも麦飯をかきこみます。

限定らしいのでまずは食べに行こう

牛タン好きなら、とりあえず一度は食べておけば?って思ったこの牛タン麦とろ御前。吉野家にしてはリッチな税抜き868円だけれど、牛タンの定食がこの価格で食べられると思ったら、アリなんじゃないでしょうかね。

数量限定と言われており、その数量が分からないので、無くなってから後悔しても遅いというものです。まずは食べておいても良いのではないでしょうか!

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-酒・飯