酒・飯

こいつは辛旨い!新宿「爆辛スパゲッティ 青とうがらし」でビリビリしたペペロンチーノを堪能してきた

投稿日:

辛いモノが好きです。とうがらしはもちろんですが、山椒も、和辛子も、わさびも。
ある日新宿をぶらぶらしていたら、なんだかとても辛いスパゲッティ屋さんを見つけてしまったので入店しました。これはいいですよ。いい。辛い。旨い。

激辛好きの人も普通の人も楽しめるお店ですよ

爆辛スパゲッティ 青とうがらし

こんな看板あったら目に入ってきますよね。店頭にショーケースがあったので覗いてみたら、こんな食品サンプルが出ているんですよ。

なんとそそられる青とうがらしのオブジェでしょう。お店の意気込みが伝わってきます。

お店のWebサイトはこちらです。

【公式】 爆辛スパゲッティ 青とうがらし|元祖爆辛スパゲッティ!辛党をうならせる正に爆辛!なスパゲッティを旨い、辛い、早く、安く、熱くお届けします。

注文する

券売機でチケットを購入するシステム。交通系カードは使えるみたいです。

6種類のスパゲッティがありました。シンプルに辛味を味わいたかったので、初めての今回は青とうペペロンチーノを選択。しかし、標準がすべて550円というのはお安いですね。

オプションがいろいろ選べます。

辛さは爆普(普通)、辛、激辛(+30円)、爆辛(+50円)の4種類。
面の種類は中太面・極太麺
麺の量は中盛・大盛(+100円)・爆盛(+200円)

あとはトッピングがいろいろです。

辛さマシだけで旨味を損ねるお店もあることから、まずは激辛を指定しました。太さはオススメの中太麺、小腹が減っていたので大盛、という感じです。締めて680円です。安い。

にんにくマシも出来るらしいので、これはお願いしちゃいましたよ。

辛くてうまい!

提供早い!数分で来ました。急いでご飯食べたいひとにもいいかもですね。辛くすると食べるの時間かかりますけどね。

到着したペペロンチーノはこんな感じ。イメージ写真より具材が少ないな。

とうがらしも少なくて、これは「とんだ一杯食わせ物」の辛くないお店かと思いましたが、さにあらず。

一口ごとに全体的に青とうがらしの辛味が口内を満たしてくれます。にんにくも効いてるし、脂の乗りも上々です。

シンプルでうまいですね。脂ととうがらしの組合わせは、次から次へと、麺が口の中に入っていきます。フォークが忙しい。

この「激辛」で、感覚的には中本の北極+αくらいの辛味はあるようにおもいました。


卓上にあるデスソースやタバスコで辛さ調整も可能です。ゆずソースはペペロンチーノには合わなかったけど、他でいいのかも。

粉チーズは辛すぎちゃった!ってときにマイルドに出来ます。最後にちょっとかけてみましたが、ペペロンチーノとの相性は良かったです。

スパゲティ自体もモチモチです。茹でてから1日置いてるとか?いろいろあるんですね。

激辛好きなら行って損無し。味もいいよ!

激辛好きなら行ってみて損はないですね。ペペロンチーノ以外の5品も食べてみたいと思ってますから。

今回ぼくが訪れたのは新宿西口店ですが、代々木と町田にもある模様。代々木か新宿で全メニュー制覇したいなと思っております。

久しぶりに辛くて手軽で楽しみな店に出会いましたよ!

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-酒・飯