酒・飯

丸亀製麺のうどん「青唐おろし醤油」は激辛好きも満足できるレベルで青唐辛子を堪能できる

投稿日:

丸亀製麺の新メニューに「青唐おろし醤油」があるのを発見!以前の激辛メニューでは色合いだけでちっとも辛くなかった丸亀製麺でしたが、こちらはしっかり良い辛みを出してくれていました!この夏、さっぱりと辛いものを欲したときにはおすすめの一品ですよ!

丸亀製麺・青唐おろし醤油

青唐おろし醤油うどんは冷たいうどんで、

並:446円(税込み490円)
大:546円(同600円)
得:646円(同710円)

です。写真ではとなりのオクラとろ玉ぶっかけのオクラくらい青唐辛子が入っているように見えますが、正直もっと少ないでしょ?という予想で注文してみました。うどんの量は大。

青唐辛子の増量はできますか?と聞いたら「それはやっていないんですよー」とのお返事。残念。

青唐辛子、しっかり入っているよ!

盛り付けられたのはぶっかけうどんに青唐辛子、スダチ、大根おろしとシンプルなもの。今の丸亀製麺は天ぷらなどのサイドメニューを取るところでねぎやしょうがもトッピングできるので、それらはたっぷり目にいただきました。

あとはエビとかぼちゃの天ぷらをひとつずつね。丸亀製麺の天ぷら、嫌いじゃないんです。

 この青唐おろし醤油うどん、なかなか良い辛味を出しているよ!

正直、丸亀製麺の辛味は信用していなかったんです。しかしこの青唐おろし醤油うどんは良い意味で裏切られました。しっかり辛いんです。

輪切りにされているので平均的にうどんに絡めるのがちと難しいのですが、一口あたりの平均はこんなもん?というくらいの青唐辛子を含んでみたら、びしっとした辛味が口内を疾走します。

おおお、いいよいいよ!

しばらくしたらエアコンの効いた店内でも汗はにじみ出てくるし、涼しい辛さをしっかり堪能できています。

おろし醤油うどんという基盤からあっさりさっぱりとしたうどんで、そこに唐辛子がキマるので、たとえ夏ばて真っ最中になっても食べ切れちゃうんじゃないかなあ。

チェーン店の辛さなんて大したことないでしょ?

そう思っている方なら上方修正して満足できるんじゃないでしょうか。

逆にあまり辛味が得意じゃなくて辛味にチャレンジしたいという方は、遠慮せずに唐辛子を残しても良いつもりくらいで食べるといいでしょうね。

もしくは揚げ玉をトッピングして、油の甘味と青唐辛子の辛味をブレンドさせると美味しくいけるかもしれません。

食べ終えてお店を出た後も、口の中には青唐辛子のヒリヒリが居残りしています。余韻がいいなあ。

汁全体が赤唐辛子で覆われているタイプではないので、唇の周りがヒリヒリするようなこともありません。純粋に口の中から食道・胃にかけて唐辛子を感じられます。

辛味好きの人は一度ためしてみて!良いと思うよ

唐辛子の辛味に自信のある方、ぜひ一度丸亀製麺の青唐おろし醤油うどんを食べてみてください。これは満足できると思いますよ!

メルマガを読んでみませんか?

メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

どのようなメルマガなのか、概要は
エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
↑↑こちら↑↑をご覧ください。

-酒・飯