LINEで送る
Pocket

先日旅行兼プレスツアーで、東京の羽田から高知の龍馬空港まで飛行機で往復しました。JALに乗ったんですけれど、フライト中にWi-Fiが使えるのを知って、便利に活用させていただきましたよ。これまでは寝るか読書・動画視聴するくらいだった機内でインターネット接続が使えるのは便利なものですね。

機内インターネット無料キャンペーン(機内Wi-Fiサービス) – JAL国内線
Wi-Fiは2017年8月31日までは、キャンペーンで無料利用できます。

離陸5分後から着陸5分前まで

機内のWi-Fiは離陸5分後から着陸5分前まで使えるとありました。

写真がブレブレですみません。飛行中でそれなりに揺れていてたもので。
登場時にスマホを機内モードにしていますよね。その状態はWi-FiがOFFになっていますけれど、そこからWi-FiだけONにして使います。

Wi-FiをONにして当該のアクセスポイントを指定します。最初の接続時にはブラウザーが立ち上がります。

初めての利用の場合はユーザー登録を

初めて利用する場合はユーザー登録しましょう。

色々入力していきます。

最後に「登録」を押して、最初の接続は完了です。登録が済んでいる状態で利用した復路では勝手に繋がった記憶があります。

動画コンテンツ視聴可能。ストリーミングサービスの動画はNG

機内インターネット無料キャンペーン(機内Wi-Fiサービス) – JAL国内線
マツコの知らない世界やしくじり先生、スポーツ番組やドキュメンタリーなどの人気テレビ番組が見られるようです。プログラムは毎月下旬に更新予定となっていますね。

ただし、HuluやTSUTAYAなどの動画をストリーミングで見るサービスは対応していないようです。この記事を読まれた方からはYouTubeは見られたというコメントを頂きましたが、僕は試しませんでしたので興味がある方は試してみてください。

多分機内で見られる動画は、機内のWi-Fi通信だけで見られるもので、インターネット接続はしていないと思うんです。

Amazonのプライムビデオなら、事前に動画をダウンロードして見ることもできます。動画を見たいのであれば、スマホに事前に落としてWi-Fiを使わないという選択肢も頭に入れておく必要があります。

プライムビデオの個人的お勧めは

こんなところでしょうか。

速度計測

せっかくなので速度計測してみました。東京のサーバーへの接続です。

数回計測しただけですので、この結果をもってどうということは出来ません。
しかしまあ、SNSを閲覧したりWeb画面を見たりする分には問題ない速度が出ているのではないかなと体感でも感じました。

帰りの飛行機で効果を発揮した

フリーランスの僕の場合、仕事で繋がった人とFacebookを始めとしたSNSで繋がることは大切な仕事の要素でもあります。下手すると、名刺管理はしなくてもFacebookの申請をする人もいるくらいです。

東京と高知の間は実質90分、離陸している時間は60分くらいのフライトになるのですが、そこでWi-Fiが使える50分程度の間に、繋がった人への友達申請などの作業が終了しました。

この作業、一度帰宅してからやると結構大変だったりするんですよね。精神的な問題ですけれど。
それが出張の最後にばーんと出来てしまったのは大変に大きなことです。少し出張の後処理が楽になりました。

移動時間のビジネス手段、旅先の行動計画としては悪くない

読書や睡眠に充てるのももちろん良いと思います。でも、この時間で仕事したいという方もきっといるはず。今はクラウドサービスを駆使して仕事することも多いため、例えば出張の帰りに更新した見積書を飛行機の中でクラウドサービスを使って作成、お客様にお送りしてから飛行機を降りる、なんてことも出来ますよね。

また、旅先の行動計画を改めて確認するのに往路の機内で情報確認するという手段も悪くなさそうです。なんだかんだ、直前の気持ちの高まりで行き先を決めたりすることもあるものですから、その時間を機内に求められれば旅の効率も良くなりそう。

今まではネットは難しいよな、と思っていましたけれど、こういうサービスができるのであれば有効に使ってみたいとは思います。

それほど帯域的に豊かな環境ではないと思うので、無駄遣いはやめて、使いたい分だけ使うという感じでご利用になるのが良いのではないでしょうか。節度を守って。

LINEで送る
Pocket

“フライト中にWi-Fiの使えるJAL飛行機はネットから離れられないビジネスパーソンに超便利” への2件のコメント

    1. スマホのログイン画面にHulu、TSUTAYA、U-NEXTなどのストリーミングサービスに対応しておりません。と記述がありました。
      YouTubeは特に試していませんよ。ですのでブログに記述もしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。