Android ipad iphone インターネット パソコン

急きょ自分用のFAXがほしくなって、インターネットFAXを契約した。

更新日:

ちょりっとライター業もやっている@odaijiです。
ライター業の中で、FAXのやり取りをうまいことしたくなる機会が出てきたので、インターネットFAXを導入してみました。

このエントリーの流し読みっ!

  • 自宅にはFAX環境がない。複合機を買うか、サービスを導入するか
  • 外出先でもFAXの送受信ができるようにしておきたい、と思ったらインターネットFAX一択だった
  • 深く比較しなかったけれど選んだサービスは、これ。
  • FAX、まだまだ現役

    お仕事先によっては、FAXを使うことってまだまだあるんですよね。
    僕自身は全然必要としていないですし、2013ブロガーズフェスティバルでいろいろやり取りした時も、PDFのファイルをやり取りすれば済みました。でも、対象によってはそうも言っていられなくて。

    ・企画書をFAXしてください
    ・掲載した紙面(画面?)をFAXしてください

    こういうお願いをうけることが多々あります。
    この期待に応えるには、FAXを使うしかないわけでして。

    強烈に受け手をリードできる関係でない以上は、こちらの間口を広げておくのが手ですよね。

    最初の数件の案件はコンビニからFAXを送っていました。ところがこれは
    ・一枚あたり50円と、わりかし高額
    ・送信はできても受信の環境がない
    ・いちいちコンビニまで外出するのが面倒くさい
    という欠点があります。これをどぎゃんとせんといかん。

    FAX、どうするか

    いざFAXを導入するとしたら、二つの手段が考えられました。

    ・自宅に複合機を導入する
    ・インターネットFAXを利用する

    どう判断したかを簡単に説明していきます。

    自宅に複合機を導入する

    メリット

    ・ランニングコストは通常の通信費しかかからない(普通の電話は加入しています)
    ・古くなったプリンターのリプレースもできちゃう

    デメリット

    ・イニシャルコストが発生する
    ・外出時にFAXの送受信の必要性が発生した場合にどうするか

    まとめ

    ・買い替えたいかどうかは、物欲次第です。
    今使っているインクジェット複合機(FAXが無いモデル)が7色インクなので、このレベルを維持しつつFAX複合機を導入するとしたら、実質は一択で、

    これを買うかどうか、ということになるんですね。

    こちらの機種ですと、パソコンで作ったPDFファイルを印刷しないでも複合機にデータで渡して、そこからFAX、またFAX受信したものを印刷しないでパソコンに取り込むことができる、ということになるので、ペーパーレスにも寄与します。

    現時点で、アマゾンでは38000円くらい、ヤフオクで最安値を見つけたときも33000円くらいだったのですね。まあまあします。いまある複合機をリプレースしてまで、と思うとちょっと二の足を踏んでしまいます。

    安い複合機は1万円台からあります。ブラザー・キヤノンから出ています。

    これとか

    これです。ただ、僕は年賀状やデジカメで撮った写真の印刷に使うことがたまにだけれどあって、そのときに4色インクはちょっと物足りないのです。なので、泣く泣くパス。

    FAX複合機を買うなら906F、それ以外なら買わない、というのがFAX複合機の結論です。

    外出時のFAX送受信ですが、自宅サーバーを一台立てておいて、WebDAVなどでデータの送受信を行うことでカバーはできそうです。なので、これに関しては「手間をかければ可能かもしれない」ということで。
    まあでも、FWに穴をあけたり、送受信の手間が大きいことを考えると「できることはできる」という感じかしら。

    インターネットFAXを選択する

    今どきはクラウドサービスがありますので、そこからFAXの送受信が可能ですよね。

    メリット

    ・インフラを持たなくて良い
    ・FAX専用の番号を持つことができる
    ・ノートPC、スマートフォン、タブレットなどのデバイスから、いつでもどこでもFAX送受信が可能

    デメリット

    ・ランニングコストはそれなりに発生する
    ・クラウドサービスなので、いつサービスが終了するかわからない
    ・インターネット通信環境がないと、FAXの送受信そのものの指示が出せない
    ・情報漏えい?

    まとめ

    価格次第ですが、38000円を一括で出すよりは、しばらくはこちらでやっても良いかなという判断もあり。
    クラウドサービスの終了に関してはある程度は仕方なく、インターネットFAX自体がなくなってしまうことはないでしょうから、うまく乗り換えればよいでしょう。

    また、情報漏えいですが、そもそもFAXで送受信するものはそれほど機密性に富むものが少ないので、あまり気にしなくてよいかという判断もできます。

    それらよりは、モバイル・ノマドな感じでもFAXの送受信ができることのメリットが大きいのではないかという判断になりました。

    インターネットFAXのサービス

    さて、インターネットFAXにもサービスがいくつかありますが、

    インターネットFax【eFax】| いつでもどこでもFAX送受信

    インターネットFAXでPCがFAX機代わりになる BizFAX ストレージ&リモート | NTTコムストア

    インターネットFAXサービス | InterFAX | メールやWeb APIでFAX送受信

    これからのインターネットFAXならMessage+(メッセージプラス)

    このあたりを比較に入れました結果、僕が選んだのは、これです。

    Fax050.jp
    (なぜかブックマークレットのShareHTMLが効かない)

    こちらです。月額500円で番号を維持でき、送信時に20円かかります。受信料は月額に含まれている模様です。
    送信時の金額がもう少し安いものはあるのですが(12円~15円くらい)、それよりは月額が安い方がメリットが大きいだろうと判断しました。

    使ってみた

    パソコンからの送信で使ってみましたが、使用感はなかなか。コンビニやコワーキングスペースでさくっと送信できてしまうので大変助かります。送信時、受信時には登録したメールに案内が来るようなので、そこも安心です。

    しばらくこれを使ってみて、使用量が劇的に多くなるとか、送信が多すぎてコストがかかるとかという状況になったときにほかの選択肢を考えてみたいかと思っています。

    メルマガを読んでみませんか?

    メールアドレスだけ登録すれば、私をはじめ複数人のブロガー・情報発信者からのメルマガが届きます。完全無料!
    お申込みは↓↓下の画像をクリック!↓↓
    登録情報はメールアドレスだけ。解除も簡単です!

    どのようなメルマガなのか、概要は
    エッジの効いたブロガー9人で合同メルマガ「Edge Rank」を始めます!
    ↑↑こちら↑↑をご覧ください。

    -Android, ipad iphone, インターネット, パソコン
    -