ソフト

Windows95ユーザーだった人には懐かしい「HOVER」がブラウザーゲームとして遊べる!

更新日:

こう見えても少しだけゲーム小僧だった@odaijiです。ゼビウスはエリア16を何周もできたし、グラディウスは2週目の4面の復活が楽しかったし、スーパーリアル麻雀はゲフンゲフン。

そんな僕がWindows95時代に遊んでいたマイクロソフトのゲーム「HOVER」がブラウザーゲームとして遊べるようになっていますのでご紹介。

現代のHOVER

2013-11-20_22h12_02

上の画像をクリックするとブラウザーゲームの画面に行きます。
僕はWindows8.1、ブラウザーはChromeの環境で動きました。画面ないでは小うるさくInternetExplorerって出ていますがあんまり関係ないですね。MacOSでも動くのかな?

▼とりあえず「Single Player」をクリックしたら、自機を選択できます。左右で3種類から選べるようですが、最初に選択できるやつが一番操作しやすそうです。
2013-11-20_22h15_49

▼プレイ画面です。自分が赤(チーム?)です。画面下の不完全なマップを見ながら、青い旗を3本取ればクリア。青(チーム?)の敵がいて、的が先に赤い旗を3本取ってしまうとゲームオーバーです。

操作は(たぶん)カーソルキーの前後左右。前はアクセル、後ろはバック、左右はそれぞれ曲がります。でも慣性付きです。
2013-11-20_22h18_12

正面が3D、下部にあるコンソールで俯瞰した図が見られるイメージですね。
自機は慣性が働くみたいで、急には方向転換できません。

▼俯瞰図もすべての情報が見られるわけではないようです。壁も出てきたり閉じたりするものがあるみたい。そこの制御までは今のところわかっていません。
2013-11-20_22h23_58

青信号のアイテムはスピードが一時的に1.5倍に、赤信号のアイテムはスピードが一時的に0.5倍になるなど、フィールド上には様々なアイテムが落ちています。慣性が強いので、スピードの出しすぎはあまり有利にならない気もしますが・・・。

昔を知ってる人には懐かしい

2面は都会のステージ
2013-11-20_22h35_35

3面はなんだかわからない緑色のステージです。
2013-11-20_22h38_15

3面になると、取った旗をクリアされてしまう床パネルがあったりして、慎重に捜査しないといけなくなりますな。

おお、あのHOVERがこんなに進化して・・・

Windows95時代に遊んだことがある人は、きっと懐かしい思いをするのでなないでしょうか。
まあそんなにはまり込むゲームでもなさそうですが、空き時間にちょろっと遊ぶには良いゲームかもしれません。なんといっても「はまりすぎない」からやめやすいです!

合同noteマガジンを読んでみませんか?

noteの合同マガジンで、10人程度の情報発信者が書いています。個性が集まっていて楽しいですよ。
登録は↓↓下のリンクをクリック!↓↓
Edge Rank note|Daiji Okuno|note

-ソフト
-,